奥さんの実家でも気を遣わずにのびのびする方法。

2018年5月28日

スポンサーリンク

僕は、奥さんと付き合った頃から、「何で相手の実家でそんなにぼーっとしてられるの?」って言われます。
あまりその自覚もないのですが、奥さんの実家って緊張するものらしいですね。

やっぱり、粗相があってはいけないと思いますし、下手なことはできないって感じるから余計に緊張するんだと思います。
しかも、年数が経てば、そんなことも少なくなってきますが、まだまだ日が浅いと気を遣いますよね。

まだまだ、僕も日が浅いですが、自分の奥さんの実家で緊張しないためにできる対策をレベル別に紹介します!

参考になるかは、分かりません 笑

 

スマホをいじる

難易度:★☆☆☆

これは流石に楽ちんですね。
むしろ、これもできないようなら、奥さんの実家が厳しすぎるか、気を遣いすぎですね。

結局、緊張するのは、奥さんの家っていう環境と、奥さんの父さんやお母さんに気を遣わないといけないっていう緊張から来ると思うんです。
なので、最低限、自分のテリトリーをつくるのと、それを見えるようにするのは意外と大事ですね。

 

実家でベストポジションをつくる

難易度:★★☆☆

これは、家によって違うと思いますが、実家の中でゆっくりできる場所があれば、そこを確保します。
僕の場合は、ソファですね。

家の中には上座も下座もありませんが、気を遣った結果、地べたの端っこにいるなんてこともあります。
自分のくつろぎやすいところを見つけられれば、最初こそ「ここに座っても良いのかな?」なんて気を遣うかもしれませんが、だんだんと自分のテリトリーになっていきます。
実家に自分の縄張りをつくる感じですね 笑

 

お義父さんとお義母さんの話を半分聞き流す

難易度:★★★☆

敢えてそれくらいのゆるさで過ごしみるって意味です。

実家に自分のテリトリーを作っても、やっぱりお父さんとお母さんには気を遣いまよね。
僕も気を遣います。

でも、話を真面目に向き合いすぎると気疲れしてしまうので、過剰な相槌とかは打たずに聞き流すくらいの方が楽です。

僕も話は聞いてますが、何かしながらだったりすので、意識が別のところに行ってしまっている時もあります 笑

 

テレビをつける

難易度:★★★☆

実家の環境を過ごしやすいように変えるという意味です。
「テレビつけていいですか?」といって、テレビを見始めたら、いよいよ実家の環境に馴染んでいる人のオーラがいよいよ出始めますね。
ただ、これしなくても実家って大体テレビがついてますけどw

僕の場合は、パソコンいじられるといいんですが、ネットが引かれてないので、できません 笑

 

飲み物をつくるために台所にいく

難易度:★★★☆

飲み物じゃなくても良いんですが、要するに飲み物をつくるために必要なものを実家の台所で色々と使うって意味です。
実家って自分の知らない環境なので、無駄な気疲れが生じると思ってます。
だから、すこじずつ知らないところを減らせると楽になります。

で、大体、台所って男の人が料理でもしないとなかなか踏み入れない場所じゃないですか。
でも、冷蔵庫を勝手にあけると印象悪いですけど、何かをつくるために実家の台所にいく分には、自然です。
自分の知らないところにちょっとずつ足を踏み入れ、奥さんの実家でも縄張りを広げましょう 笑

 

ため口をちょいちょいいれる

難易度:★★★★

もはや自分の実家ですねw
これは僕もまだ無理です。
ただ、親しくなってくると「ですます」の境界が薄くなってくるので、ここまでいければ楽なんだと思います。
あえて、ため口にして、落ち着かないようなら止めた方が良いですね 笑

 

まとめ

実家で気を遣ってしまうのは、自分の居場所がないからだと思います。
少しずつ自分のベストポジションをつくり、そこにいれば何となく落ち着ける状態を敢えてつくっていくと楽です。

 

スポンサーリンク