岡山のぶっ飛び系テーマパーク「鷲羽山ハイランド」に行ったよ

2018年5月28日

スポンサーリンク

アメトーーク!の岡山盛り上げよう芸人でも取り上げられていた鷲羽山ハイランドに行ったはるまきです。

外見はテーマパーク感出てますが、入園するとブラジリアンパーク謳っているだけあって本当に南国感全開でした。

↑ これが鷲羽山ハイランドのマスコットキャラクター。右がチューピーと左がチューリー

ただ、地元の人からは「小学生の時から行ってない」といった話を聞くので、地元住民は頻繁に行くことの少ないところらしいです。
理由は、入園すると分かりますが、入園料が2800円する割にローカル感全開で、テーマパークに来た感覚があまりわきません。

このテキトーな感じがよそ者的には超面白いんですが、確かに地元の人は確かにわざわざ行かないのも納得です。

 

15時以降は入園料が安い時があるよ

トワイライトパスという15時以降に入園するとかなり安くなるパスがあります。
これを使えば、お得です。
ただ、毎日トワイライトパスがある訳ではないので、鷲羽山ハイランドのホームページで事前にチェックが必要です。
ちなみに、休日の閉園時間は大体18時なので、3時間しか使えません。
が、3時間いれば十分です 笑
僕も今回トワイライトパスで入園しましたが、超満喫できました

 

おすすめのアトラクション

スカイサイクリング

これは絶対いきましょう 笑
鷲羽山ハイランドのぶっ飛び方を象徴したアトラクションです。

このアトラクション、本当に怖すぎるんです。

写真に白いポールあるじゃないですか。
この上にあるレールを、2人乗り自転車で漕ぐんです。
ジェットコースターとかじゃありません。
相当高いですよ。。しかも乗る自転車はこちら。

かなりシンプル。。
しかもシートベルトも簡易的なんです。。

設備が心許ないもんだから本当に怖すぎます。
しかも、ようやく漕ぎ始めても、キコキコと危ない音をたて始めます。。
風が強い日だったら、自転車漕ぎながら絶叫ものですね。。笑
瀬戸内海が一望できるほど眺めは良いんですが、そんなのどうでも良くなるくらいスリルがあります。

 

観覧車

次は観覧車です。
園内の最も高い位置にあるので、とても高いです。

景色も超綺麗です。
瀬戸内海が一望できて、岡山の良さを実感できます。

瀬戸内海の島々が眺められてのんびり…といきたいところですが、この観覧車高すぎです。
丘の上に立っているので、頂点近辺になると地面との距離が異常に離れているように感じるんですよ。もう下見れないほど怖いです。。
僕、高所恐怖症じゃないですが、それでもこの高さに戦慄しました 笑

 

バックナンジャー

鷲羽山ハイランド公式HP アトラクション説明より

バックナンジャー(岡山弁)。
日本初!宇宙初!ループ付逆走コースター後ろ向きのまま進むジェットコースター

確かにアトラクション自体も怖いんですが。
本当に怖いのは、このジェットコースターがサビまくっていることです。

茶色部分はほぼサビです。。
そんな中、後ろ向きで逆走するんで、これまたスリルがすごいですよね。

いやあ、怖いですね〜

 

番外編:サンバ

最後はアトラクションじゃないですが、園内の中央ステージで開催されているサンバ。

少数精鋭でダンサーが3人、ドラムなどの演奏が2人です。
本場のサンバを披露と思いきや、お客さんとゆる〜く絡んでいくんですよね。
ハイタッチとか、人によっては一緒にダンスに参加させちゃいます。

時折サンバ特有の高速な腰振りとかも披露しますが、基本はゆるいサンバのショータイムでした。
肩の力が抜けるような脱力系で、とても心地よかったです。

サンバの開演時間は、11時と17時からですが、トワイライトパスを使うなら17時ですね。
帰り間際に疲れを癒してくれます。

 

一度は行ってほしいテーマパーク

鷲羽山ハイランドは、ローカル感満載のブラジリアンパークなので、ツッコミどころが多くて超面白いです。
移住したら一回は行ってみたらいいですよ。
色々と笑えます。
まあ、僕は多分当分いきませんが 笑

まだ、行ったことがない人はぜひ!

スポンサーリンク