やっぱりVoicyがめちゃめちゃ面白い。「サウザーラジオ 〜青雲の誓い〜」激推し。

2018年5月28日

スポンサーリンク

通勤中にVoicyを聴きまくっているはるまきです。

これまでVoicyについて何度か記事書いてますが、相変わらず超面白いですね。

 

最近のおすすめは「サウザーラジオ 〜青雲の誓い〜」!

朝の通勤中はニュース系の番組中心ですが、それを聴き終えたら、気分にあわせて好きな番組を聴いてます。
風呂敷「畳み人」ラジオ、エーロナイトニッポン、イケハヤ仮想通貨ラジオ、仮想銀座高級クラブ「かほこ」、ゴッホのモテラジオ、はあちゅうのラジオごっこ、…面白い番組がたくさんありますね。

Voicy聴き始めたばかりの頃は、「イケハヤさんの番組ある!」「はあちゅうさんの番組もある!」といった感じで、インフルエンサーの皆さんの番組中心で聴いて楽しんでいましたが、最近はVoicy発(?)の人気番組もでてきて、Voicyのさらなる厚みが増してます!

中でも、激烈に面白いのが「サウザーラジオ 〜青雲の誓い〜」。
ランキングTOPの常連番組なので、Voicy聴いている人はきっと知っていますね。

 

サウザーラジオ 〜青雲の誓い〜

知らない人のために、この番組は、ニートになりたいという志をもち続け、自分なりにその実践を行った結果、経済的独立ができたサウザーさんが、「勤め人(サラリーマン)を卒業するために必要な考え方・実践方法」について解説していく番組です。

何だか固い?
では、もう少し詳しく書いてみると、

この番組は、マルクスの『資本論』とロバート・キヨサキの『金持ち父さん 貧乏父さん』という2つの本が軸になっていて、資本主義における勤め人の分析をするところから、第一話が始まります。
その後、「勤め人の行動傾向」、「勤め人を卒業するために必要な行動」といった感じで続きます。

「え、、やっぱりお固い感じなの?」
と誤解をさせてしまったらすみません 笑

サウザーさんがこの番組で伝えたいことをもの凄く噛み砕くと、「勤め人よ!勤めている限りは労働力分のお金しかもらえないよ!自分の商品とビジネスモデルを持とう!」っていうことです。
ただ、こうやって初めから纏めてしまうと陳腐に伝わっちゃいますが、この番組の醍醐味はサウザーさんが話す「例え話」(毎回)「勤め人を励ます言葉」(時々)です。

面白い塾講師ほど脱線話が面白いように、知識豊富なサウザーさんも毎回、例え話が横道に逸れていきます 笑
その逸れ方は多様ですが、特に歴史(日本史やら世界史)と絡めることが多いです。
日本の税の始まりとか、ジャレド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』の話とか、知的好奇心をくすぐられますね。
僕は毎回「へえー」ってなってます。

勤め人を励ます言葉は、受け取り側の感度にもよりますが、サウザーさんは勤め人の批判しながらも、実は抜け出そうと思っている勤め人を励ましてくれます。時々ですが。

「一日に使える気力の大きさに限りがあるから、その気力を温存して上手く使えば勤め人でも商品つくれる。」とか
「議論に負けて商売に勝てば良いんだ。」とか
「誰も見ていなくても自分のコンテンツのファンは自分だ。」とか

「副業を頑張ろう」と思っている僕とかは超勇気づけらるんですよね。
これは。多分サウザーさんが元ナンパ師っていうことも影響していますね。
時々発せられる寄り添うようなやさしい言葉にグッと来ちゃうんです 笑

さらにさらに、サウザーさんは、オーディオブックが好きすぎて自分でオーディオブック『サウザーの白熱教室』を作ってしまうほどの方なので、そもそも話の展開が面白いです。
Voicyにもってこいの方なんですね。

 

※ちなみに、サウザーさんの自身がブログで紹介されている『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ』は、サウザーさんの主張をより深く理解できます。
サウザーさんがVoicyで話している内容の根幹部分が書かれているので、この本を読んで『サウザーラジオ 〜青雲の誓い〜』を聴いたら2度美味しいですよ。

 

エクストリームサラリーマンの田端さんの登場でさらに面白くなる!

単体でも十分に面白い『サウザーラジオ 〜青雲の誓い〜』ですが、勤め人の最上級クラスに属しているエクストリームサラリーマンの田端さんがサウザーさん批判をしたことで、より面白い展開になりました!

これについては詳しくは、まとまっている分かりやすい記事があるので、こちらを読んでみてください。

対戦当日は、僕もワクワクしちゃって必要以上にお二人のTwitterの更新を見てましたね〜。

お二人の対戦内容についても他のリスナーがきれいにまとめていますが、今日ついに5番勝負の決着がつきました!
果たして勝利はどちらの手に!?わくわく☆

 

Voicyは超面白い。通勤で聴く域を超えてきた。

『サウザーラジオ 〜青雲の誓い〜』を激推しした内容になっちゃいましたが、僕が言いたいのはVoicyはこれからももっと面白い番組出てきそうだからオススメってことです。

そもそも僕がVoicyに出会った背景は、「オーディオブックはお高いなあ。。コスパ良く車通勤を有効利用できないかなあ」っていう思いからでした。

だから、Voicyの前は、AmazonAudibleを専ら聴いてました。
(結局、今はAmazonAudibleは解約して、サブスクリプションモデルになったFeBe(現audiobook)を始めようかなあと思っていますが。)

そんな感じでVoicyを使い始めたんで、そこまで良質なコンテンツを期待してなかったんです。
ユーザーがコンテンツにお金払ってないし。

が、日を追うごとに着実に面白い番組が増えてきていて、通勤時間だけ聴くつもりがいよいよ通勤時間の以外でも聴くようになってきたんですよね。
Voicyにやられた 笑

だから、「所詮、声じゃん!」っ思う人にこそVoicyは一度聴いて欲しいです。
動画にはない魅力に気づくはずです!

スポンサーリンク