自分の強み(長所)を診断ツールを使って調べてみた。

2018年5月28日

スポンサーリンク

「自分の強みは何なのか?」が気になるはるまきです。

以前、こんな記事を書きましたが、僕は自分のポテンシャルをちゃんと知っておきたいタイプです。

自分の強みを理解して、そこを伸ばした方が、圧倒的に効率よく自分の満足いく人生が送れると思うんです。

もう少し踏み込むと、人には「役割」があって、その原石を磨くことで自分の生き方をより豊かにできると考えています。

これは東京から岡山に移住して強く思うようになっています。
周りに左右されなくなった分、より自分を見つめる機会が増え、自分は今後どうしたいかを真剣に考えられるようになりました。

なので、この「役割」を明らかにするという意味で、自分の「強み」を知ることにとても興味があります。

ということで、「強み」を診断するのに便利なツールを3つを選びました。

「手軽さ」「精密さ」の2軸で個人的に評価を付けています。

 

 

① 16Personalities(無料)

手軽さ:★★★★★
精密さ:★★★☆☆

無料で、会員登録も不要です。
約60問の設問に答えると、16タイプの性格に分けて診断してくれます。

10分程度で終わるので手軽さはピカイチです!

 

このキャラクターもかわいいですよね。

 

ちなみに、僕は、管理者でした。
(うーん、ぱっとしないキャラw)

回答の設問数が少ないので、できるだけ中立的な答え(どちらでもないという答え)を無くした方が、自分の資質を把握しやすいですよ。

 

16Personalitiesで診断してみる

 

 

② グッドポイント診断(無料)

手軽さ:★★★☆☆
精密さ:★★★★☆

18種類の強みから、自分ならではの5つの強みを把握できます。

転職サイト「リクナビNEXT」が提供する強み診断ツールですね。
リクナビNEXTへの会員登録はいりますが、さすが転職サイトだけあって、仕事に関連付けて診断してくれるので、実用的ですね。

無料なのにかなり作り込まれてますよ。
3部構成になっていて、設問数もまあまあ多いので、時間掛かる人は30分かかるかもしれないです。

僕は、あまり考え込まずに回答していったので、15分位で終わりました。

結果はこんな感じでした。

(細かいですねw)

確かに当たっています。
しかも、「グッドポイント診断」というだけあって、褒めてくれるので、気分もいいですw

無料で、そこそこ掘り下げた内容の診断が必要ならこれはオススメですね。

 

グッドポイント診断で診断をしてみる

 

 

③ ストレングス・ファインダー2.0(有料)

手軽さ:★☆☆☆☆
精密さ:★★★★★

紹介するツールの中で、一つだけ有料ですが、さすが有料だけあってこれはかなり細かい診断をしてくれます。
(世界中で利用され、50年以上の歴史がある診断手法らしいです)

ただ、設問も多いので、回答に30分はかかりましたね。

こちらの本に診断用のシリアルIDが書いてあるので、ストレングスファインダー2.0のページにアクセスして、シリアルIDを入力すると診断ができるようになります。
(ちなみ、このコードは一回限り有効なので、中古品では使えない可能性が高いです)

 

 

タイトルは、何となく宗教っぽいですが、内容は強みに応じて行動指南をしてくれるとても有意義な本です。

ちなみに、シリアルIDだけ取得したいって方は、シリアルIDだけも買えますが、本の価格とほぼ変わらないですw

 

で、僕はこんな感じでした。

僕が一番強いのは「収集心」でした。
しかも、ご丁寧に詳細なレポートも付いてきますよ!

細かくて見にくいので、一文を引用します。

あなたは資料を読まなければならないからではなく、読みたいから読みます

・・・はい、ご指摘のとおりです。
というより、当たり過ぎてて、ちょっと、怖いですね。。
そうです、僕は本が好きなんではなく、知識が増えるのが好きなんです。。。

いつも照れ隠しで、ごまかしていたことを、ド直球に核心を突かれた感じです。

他の4つも、かなり当たってましたね。

上に挙げた無料の診断は、「キャラクターで性格を擬人化してて、かわいいな」くらいでしたが、これは無機質なデザインの回答フォームも相まって、冷静すぎる診断でビビりますよw

 

せっかく診断するなら、がっつり診断したい人には、超おすすめです。

 

スポンサーリンク

 

 

自分の強みを理解して面白く生きる

僕は、端的にまとめると、上昇志向でチームワーク意識が高い、知識を愛す中間管理者タイプみたいです。
確かに、組織の中でプレーするのは好きですね。
(うーん、でも、なんでだろう、、少しウザそうなタイプだなあ。。)

ちなみに、僕の「強み」が分かったので、奥さんに意気揚々と話をしたら「え?今更?そんなん私から見たら当たり前のことじゃけど?」と言われました。。

 

…という話はさておき、「面白く生きる」って人によって尺度が違いますよね。

だから、自分はどういう風に生きたら「面白い」と感じられるかを知っておくのはとても重要だと思っています。

面白いこと自体を見つけるのは難しくても、自分が過ごしやすい環境を整備すれば、面白いことに出会いやすくなっていきますしね。

これはサラリーマンであっても、会社に依存しないための理由づけになります。
会社に依存すると、いつまでも自分の過ごしやすい環境が構築できないですもんね。

まずは自分の強みを知って、環境を変えるきっかけづくりですね☆

スポンサーリンク