お酒が弱い人には焼酎の水割りがおすすめ

スポンサーリンク

お酒が弱いはるまきです。

年末になってくるとお酒を飲む機会が多くなりますよね。
お酒が弱い人はまずは水です。

これはマストです 笑

そして、次にどんなお酒を飲むかです。
僕は弱いなりにお酒を飲んできた経験(営業マンとして無理して飲んでいたこともあります)もあり、お酒の弱い人が悪酔いしにくいお酒への探究心が強いです 笑

で、たどり着いたのが焼酎の水割りです。

 

なぜ焼酎の水割りなのか?

まず、お酒には醸造酒、蒸留酒、混成酒があります。

醸造酒は、日本酒、ワイン、ビールなどで、蒸留酒は、焼酎、ブランデー、ウィスキーなどで、混成酒は、梅酒、リキュールなどです。

醸造酒は、原料を酵母の力でアルコール発酵させたお酒で、蒸留酒は醸造酒をさらに蒸留したお酒(わかりやすく言うと純度が高いお酒)で、混成酒は醸造酒や蒸留酒に果物や砂糖を加えた(混成した)お酒です。

ここでポイントになるのが含まれるアルコールの種類です。

醸造酒は酵母の絶妙なバランスによって味を保っており、それは酵母が作り出した複数のアルコールが存在している状態です。
一方で、蒸留酒は純度を上げていったお酒のため、存在しているアルコールは一種類のみです。

なので、アルコールの種類が多いほど分解に時間を要しますし、分解ペースが追いつかなくなると悪酔いします。

つまり、お酒が弱い人は、ただでさえ弱いのに複数のアルコールを分解しようとすると肝臓がさらに疲れてしまい酔いやすくなります。
そうならないためにも、醸造酒ではなく蒸留酒を飲み、肝臓に1種類のアルコールの分解に集中させる必要があります。

 

それなら、なぜ、ハイボールではないのか?

ここまでで、お酒が弱ければ「蒸留酒」を飲んだ方が良いというところまでは絞られました。
でも、それだったらハイボールは「どうなんだ?」って思いますよね。

ハイボールは、蒸留酒であるウィスキーを炭酸水で割っています。
蒸留酒である焼酎の水割りと変わりなさそうですね。

でも、その違いは、ウィスキーはメタノールを微量ながら含んでいることが多い点です。
(焼酎は飲むことのできるエタノールのみです)

ウィスキーの製造過程で微量ながら混入するメタノールは、国から劇物指定されている物質です。
だからといって当然、「ウィスキーが危ない」ということではありませんが、肝臓の分解にはエタノールが優先されるため、メタノールが微量でも含まれている分、分解が大変になります。

さらに、一緒に割っている炭酸水も、胃腸を活性化しアルコールの吸収を促進します。

結果、ハイボールよりも焼酎の水割りの方がお酒が弱い人には合っていることになります。
(ただ、これは体質もありますし、あくまでも僕個人の体験ではあります。)

ということで、お酒が弱い人はぜひこの機会に「焼酎の水割り」を飲んでみてはどうでしょう?

 

僕のおすすめ焼酎3選

ちなみに、焼酎の水割りを選ぶと良いところは、もう1つあって途中でこっそりと水を挟んでもバレにくいところです。
焼酎の水割りって一見すると水なので、飲み会では判別つかないことが多いです。
もし、ソフトドリンクが頼みにくくて、悪酔いしそうだと思ったらこっそりお冷を頼んで、堂々と水を飲みましょう。

とは言え、焼酎を飲んだことない人は焼酎を敬遠しがちでもあるので、僕のおすすめで比較的手に入りやすく手が届きやすい値段の焼酎を紹介します。
(僕はちなみに芋焼酎が好きなので、いずれもも芋焼酎です。)

1.海

これは本当に飲みやすいです。スッキリした甘みで、焼酎の癖が苦手な人でもいけると思います。
焼酎が苦手な友達もこれは「飲みやすくておいしい!」と言っていました。

2.三岳

これも飲みやすいです。芋の甘みを感じて、飲んだ後に鼻に芋の香りを感じます。
海よりも芋っぽさがありますが、癖なく芋焼酎の良いところが凝縮されています。

3.富乃宝山

バランスが良く、芋の甘さが絶妙です。
フルーティな味でさっぱりとしているため、初めての人でも飲める焼酎です。

番外編.ダバダ火振

これは栗焼酎です。芋焼酎ではないんですが、美味しいのでおすすめです。
高知に行った時に飲んで美味しくてびっくりしました。
飲みやすいですが、やや癖はあるので、焼酎にハマったら飲んでみてほしいです。

 

おいしくお酒を飲みましょう

お酒が弱い人は、時にお酒を飲まないといけない飲み会などキツイですよね。
でも、無理しないでいきましょう。

そもそも無理強いするような飲み会、飲めるやつが男らしいみたいな前時代的な飲み会は距離をおきましょう 笑

自分にあったお酒や適量を知り、おいしくお酒を飲みましょう!

これからの季節は焼酎のお湯割とかもまた美味しいですよー☆

スポンサーリンク