夫婦の間に「亜鉛」はオススメです。

2018年5月28日

スポンサーリンク

性に対してあまりオープンではないはるまきです。

夫婦の夜の営みに「亜鉛」はオススメです。

僕は、性についてあんまりおおっぴらにするのは、苦手なんですが、同世代で結婚している知り合いと前に飲んでいて、夫婦の夜の営みについての話になったんです。

こういう話って男性が盛り上がる下ネタのノリと違って、結構悩みが深かったりするんですよね。

その知り合いも「仕事が疲れていて、帰ってもあまり元気がない」とか、「休日くらい頑張ろうしても、タイミングが合わない」とかっていう話をしました。

まだ若くてもこれ起こるんですよね。
僕も東京で忙しかった時は、よく起こってました。
(今は、ありがたいことにそんなことないです。)

そりゃあ、元気もりもりパワフルなら最高なんですが、やっぱり疲れてたら、起きがちなんです。
奥さんのこと大事なんだけど、身体は「眠りたい!」って指令を出してて、気づいたら寝てる…みたいな。
(それに比べて、学生の頃のアホみたいに元気いっぱいだったのは何だったんだろう。)

でも、営みが無くなると、やっぱり関係がちょっとだけ弱くなるんです。
日常では上手くいっているんですが、どこか大事な部分が噛み合っていないもどかしい感じです。

特に若いからかもしれないです。

僕ら夫婦は、割とこういう話はオープンにできますが、上に出てきた知り合いは、ちょっともどかしそうでした。

で、その知り合いに、「亜鉛のサプリメント」を進めたんです。

「・・・うわ~サプリメントかよ・・引くわー」

と思いますよね。
分かります。
僕もその気持ちでした。

でも、上で出てきた友達みたいに僕も疲れている状態だった時、精力剤とか、怪しい薬は飲みたくない。。むしろ怖い。
だからと言って、身体の調子をゆっくり整えられる程、まとまった時間はない。。

ということで、知ったのが「亜鉛のサプリメント」でした。

スポンサーリンク

 

 

精力を上げる「亜鉛」とは?

亜鉛は、精子形成に影響があり、セックスミネラルと呼ばれるほど、精力と関係が強い元素です。

亜鉛 Wikipediaより

生体では鉄の次に多い必須微量元素で、体重70 kgのヒトに平均2.3 g含まれる。100種類を超える酵素の活性に関与し、主に酵素の構造形成および維持に必須である。それらの酵素の生理的役割は、免疫機構の補助、創傷治癒、精子形成、味覚感知、胎発生、小児の成長など多岐にわたる。

また、亜鉛だけでなく、精力を上げるには、その他に、アルギニンとか、アミノ酸とかの摂取も大事みたいです。

ただ、当時の僕は、性機能自体が恒常的に落ち込んでいるというより、疲れていて一時的に落ち込んでいる状態だったので、そこまで本気になる必要はありませんでした。

なので、精子形成に影響がある「亜鉛」の摂取くらいであれば、手っ取り早かったです。

 

 

亜鉛を買った

で、この亜鉛サプリを買いました。

ポカリスエットとか作っている大塚製薬「NatureMade」の亜鉛ですね。
市販薬局でも普通に売ってます。

僕の場合は、奥さんにサプリを買った理由を暫くしてから話しましたが、サプリを飲んでいるのを気にされる方でもこのパッケージならそんなに怪しまれないと思いますよ。

Amazonなら60粒で500円台で売っているので、かなり手軽ですね。

 

で、目安量は1日1粒でしたので、買ってから朝に毎日飲むようにしました。

特に最初数日間はあまり実感がなかったんですが、3日目あたりで何か元気になって来たんですよね。
生活リズムは特に変わってないですが、身体と心の状態が元気になり、性欲の状態も良好になりました。
(何かこう書くとガツガツしている感じに聞こえるかもしれませんが、疲れていると心身に比例して性欲もなくなるんで、一般的な状態に近いです。)

性欲状態が一般的な状態に戻ると同様に、身体の状態も少しマシになります。
もちろん、亜鉛以外にも、睡眠状態、食事、ストレスなどによって変化しますが、それでも亜鉛の効果を数日で実感できました。

その後も、しばらく飲み続けて2週間後には、かなり安定していましたね。
あと、僕の場合は、亜鉛を飲んだからといって、性欲がバリバリになる訳ではなく、身体の状態が整うことで、結果的に性欲が出る感じでした。

おかげで、夫婦の営みもちゃんとできました☆

 

 

もし悩んでいる夫婦は、「亜鉛」は手軽ですよ

若い夫婦にとって営みは大事だと思うんです。

とは言え、回数が減っている事自体の不満をなかなか言いにくいのも事実だし、妊活とかに比べて「まあ気にし過ぎかな」ってなりがちです。

でも、身体のつながりって、やっぱり大切かなと。

だから、手軽かつ、できるだけ自然な形で人間のもつ成分である「亜鉛」を摂取してみるというのも手だと思います!
悩んでいる方が少しでも参考になればうれしいです。

精力には、亜鉛だけでなく、睡眠、食事、運動、ストレスなどの要素が絡んでいます。
だから、「亜鉛」が全てをカバーする訳ではありませんからね!

スポンサーリンク