地方の情報収集方法がアナログで驚いた。

2018年5月28日

スポンサーリンク

岡山に移住して驚いたのは、会社や知り合いの情報源が、新聞、テレビ、本、雑誌の媒体が、根強いことです。

これ聞いたらおじさんだと思うじゃないですか。

でも、これ同世代で会社でも優秀とされている人が、こういう情報源っていうことも多いです。
たまたま今いる環境だからかもしれないですが、最初は驚きました。

こういった人と話すと、政治とか経済のマクロ的な情報は強いんですが、今、何がトレンドなのかっていう情報が、イマイチ盛り上がらないことがほとんどです。

あと、Facebookが情報源っていうのも多いです。
というより、Facebookに一定の信頼を置いている感じです。

個人の近況報告とか、ニュースのシェアとか、Facebookにバンバン上がるので、何となく不思議な感覚です。
(TwitterとInstagramを利用する人は、地方でも変わらずに多いですね。)

こんな感じなので、いわゆるニュースアプリとかを利用している人も僕の周りではあまり見かけなくて、SmartNewsNewsPicksGunosyとか入れている人は少ないです。

あ、でもLINE NEWSは、見ている人が意外と多いです。
「最初、これって誰が見るんだろう」って思ってたんですが、こういう層だったんですね。
なるほど。

この情報の収集源が異なる状態が、良いとか悪いとかではないんですが、例えば、SmartNewsで話題になっていたニュースをそういう人に話をすると「凄いですねー。そんな情報をどこから収集するんですか?」って言われることが頻繁に起きます。

で、この地方のITへの情報感度の低さを利用して、東京の一部の会社は、営業電話で、色々なWEB関連の話を最近の技術のように話をしてくることが良くあります。

こういう電話での話は、WEB界隈では一般的な技術手法の話が多いので、「情報を仕入れていないと情報弱者になってしまうんだなあ」と切実に感じます。

 

RSSリーダーを一周回って重宝している

そんな僕は今、情報弱者にならないために、一周回って、RSSリーダーを重宝しています。

とその前に、一応、RSSを知らない方のために。

RSSとは?

rss
このマークを一度は見たことがないでしょうか?

RSSとは、ニュースサイトやブログなど、Webサイトの見出しや要約をまとめてくれる技術です。RSS技術を使って配信される「RSSフィード」を利用すれば、Webサイトの更新情報や記事の要約などを素早くチェックできます。
複数のRSSフィードを、RSSリーダーに「お気に入り」のように登録しておくと、各サイトやブログの新着情報を一度にチェックできるのです。 引用 ITMedia

要は、気になるサイトをブックマークして、都度ブラウザを開いて確認して面倒だったのが、RSSリーダーを使えば、気になるサイトの情報をまとめて確認できるっていうことです。

 

なぜ、今更、RSSリーダーなのか?

RSSリーダーは、2010年くらいに恐らく一番使っていました。

ただ、上に書いたニュースアプリとか、キュレーションメディアが、次々と台頭してきて、わざわざ自分で色々なサイトを登録する必要がなくなったので、使用頻度はかなり落ちていました。

特に、東京にいた時は、通勤中に、Twitterでざーっとタイムラインを見て、SmartNewsなどのニュースアプリでまとまった各ジャンルのニュースを見て、NewsPicksやブックマークしているサイトで特集とか見て…、といった感じした。

で、会社に行けば、IT関連の専門的な情報は、メールや打ち合わせで続々と情報が入っていました。

 

が、移住してみて、「やばい…受け身だと情弱になるぞ」って危機感から、情報の収集(特にIT系)を意識的かつ習慣的に仕入れるようにしました。

そのため、ニュースアプリでもあまり情報が上がってこない専門的な情報を仕入れるために、RSSリーダーの利用頻度を上げました。

 

RSSリーダーで何をみるのか?

ちなみに今、僕が、RSSリーダーに登録しているサイトの一部を挙げると、

 

Photoshopで使えるテクニックを中心に紹介されていますが、WEBデザインの流行なども分かります。

 

WEBデザインの中でもコーディングの最新情報や流行などが分かります。

 

アプリマーケティングの流行や手法などが分かります。

 

マーケティング全般の最新情報や手法などがが分かります。

 

とかです。
主にWEBデザイン、WEBマーケティング、アプリマーケティングが中心です。

こういう情報をざーっと見ると、「今のトレンドはこんな感じなのか…マジか…」って大体焦るんで、ぼーっとしがちな自分には丁度いいですね 笑

 

脱線しますが、岡山の地域の情報もネットにあまり転がっていないです。

なので、地域の広域情報は、岡山の地域新聞「山陽新聞」のWEB版を見て、もっとコアな情報は、岡山在住のブロガーを見たりしています。

例えば、このブログは、岡山のグルメブロガー きーたんさんが岡山のごはん屋さんをめちゃ紹介しています。
「地元のお店でなんか良いところないかな?」って調べる時に、こういう地元民のレビューって参考になるんですよね。

 

他にも、地方でブログされている方は、このRSSリーダーでたくさん登録しています。

RSSリーダーって、自分の興味あるサイトをたくさん登録できるので、興味ある情報を手っ取り早く仕入れるのには便利ですね。

ただ、地方の情報ってネットには上がっていても、なかなか気づかないことも多いので、知り合いから聞いたこととか、ブロガーが紹介しているブロガーとかを辿っていくのが、近道なのかなって思います。

 

RSSリーダーは何がおすすめ?

RSSリーダーのおすすめは色々なところで比較記事が取り上げられているので、そういうところにお任せします。

 

ただ、僕は「Inoreader」が抜群に使いやすいです。

feedly」という有名なRSSリーダーも使っていましたが、英語ですので、初めてRSSリーダーを使う方は、日本語にも対応している「Inoreader」の方が良いです。

しかも、シンプルに使えつつも、慣れてきたら、操作感や設定など細かな変更ができるのも、良いところです。

岡山に移住したらRSSリーダーで情報収集をしてみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク