シャツのアイロンがけに「衣類スチーマー」が、便利すぎて感動した。

2018年5月28日

スポンサーリンク

会社出社前にちゃちゃっとシャツにアイロンをかけるはるまきです。

以前、家電量販店のキャンペーンで、ポイントバックが貰えたので、「アイロンがないし、アイロンでも見てみるか。」っていうことで出会った製品がこれ!

パナソニック衣類スチーマー (2)
出典:パナソニック 衣類スチーマー紹介サイトより

これ、見たまんまなんですが、ハンガーにかけたまま、アイロンがちゃちゃっとかけられます。

※アイロンしないでもシャツを着れてしまう人は、たぶんこれ以降の話はピンと来ないと思います。

アイロンをかける作業って、アイロン台出して、シャツ広げて、アイロンを当てる面を変えたりしながら、シャツのしわを伸ばしていって、、、

……面倒じゃないですか。

かと言って、サラリーマンなんで、シャツを着ないっていう選択もとれないんで、いつもアイロンがけは、何となく億劫な作業です。
奥さんも共働きなんで、アイロンかけてくれることもないです。

こういう日常の小さな面倒なことって結構やっかいですよね!

毎回、洗濯したシャツをみて、

「また面倒なアイロンがけしないといけないなあ…」

っていちいち思うのが嫌です。

一応補足しておくと、購入するシャツは、基本的に形状記憶系のシワになりにくいシャツにしています。
けど、このタイプのシャツって最初は良いんですけど、大体洗濯しているうちに、シワがついていきます。
だから、アイロン不要とまではいかないんですよね。。

 

スポンサーリンク

 

 

クリーニング屋に出すこともしてみたけど…

そんな感じだったので、一時は、シャツを毎回クリーニング屋に出すこともありました。

ただ、Yシャツが一枚100円位とはいえ、塵積で出費がもったいなかったですし、何よりも仕事終わりに全然取りに行けませんでした。

東京で生活していた時は、歩けばクリーニング屋がありましたが、それでも夜9時とかには大体閉まっていました。
なので、シャツの受け取りができなかった時は、「そもそも着ていくシャツがない…どうしよう…」みたいなことが何回か起きてましたw

さすがに、たかがシャツに左右されすぎだし、ここまですることじゃないと思って1か月くらいで止めましたね。

で、この衣類スチーマーに出会ったわけです。

 

 

 

使用したレビュー

見た方が、早いと思うんで、僕の洗濯後のシャツたちがこちら。

まあまあシワシワですね。
(これでも形状記憶のシャツですよ。)

 

で、アイロンをかけたあとのシャツがこちら
(一枚60秒くらいで終わります。)

はい、しわがちゃんと伸びるんです。

シワがあんまり伸びないみたいなレビューも良く見ますが、

こうやって、シャツを片方の手で伸ばしながら、アイロンの面を服に当てて、少しゆっくりに動かせば、シワはちゃんと伸びますよ。

 

あと、生地の後ろ側からもアイロンをかけるとよりシワが伸びます。

 

強いて、使いづらいところを言うと、コードレスでない点と、少し重い点ですかね。
もしコードレスだったらもっと手軽そうです。
(逆にコードがあるから十分なパワーのスチームが出るんだとも思いますが。)

重さは、700g(週刊少年ジャンプ位)あるんで、シャツを5枚くらいアイロンかけると腕がだんだん疲れてきます。

なので、大量のシャツを一気にアイロンかける人は、向いてないかもしれません。

ただ、僕は仕事行く前に、今日着ていくシャツをハンガーのまま取って、そのままちゃちゃっと1分位でアイロンかけるんで、全然苦じゃないです。

しかも、これで、1万円なので、コスパ最高だと思ってます。

シャツのアイロンがけが面倒な方におすすめですよ!
特にサラリーマンの方!

スポンサーリンク