地方は超退屈だったので、ブログを始めました。

2018年5月28日

スポンサーリンク

岡山に移住して、最初の数か月は、「都会から離れてのんびりできる最高~!」と思ってました。

が、しばらくして思ったこと。

「ヤバい、退屈すぎる、、、」

です。

そう、地方は、退屈です。
これは、普通に生活していると逃れられないです。

なので、初めは、岡山のおいしいごはん屋さんに行ってみたり、観光地に行ってみたり、勉強会に参加してみたりしてました。

でも、これって結局、退屈を紛らわせているに過ぎないんです。

これをした後に思ったこと。

「俺、地方移住して良かったんかな、、、」

です。

で、テレビとか、YouTubeとか見て気を紛らわせようとすると、どこもかしこも東京のことを扱ってるんですw
そうなると、「東京楽しかったなあ」なんて思っちゃったりしてたんですよね。
(それにしても、テレビのあの「東京」を異様に取り上げる感じは何なんでしょうね。。)

これは、奥さんも一緒で、「東京楽しかったね、、、」なんて話を移住して数か月後にはしてました。

 

 

消費から生産へ

でも、なんでこんなに東京がうらやましく感じるのかを、真面目に向き合ったら、結局は、「消費天国」に慣れてたからなんですよね。

東京って、アウトドアでない僕ですら、ちょっと歩けば、面白いことに出会えるんです。
至る所で、面白いイベント、美味い居酒屋、面白い友達…etcがありました。

だから、長い間、消費に慣れた僕は、岡山でも同じように消費をしようとしたんです。

が、岡山は田舎です。

同じベクトルで刺激を求めると、全く物足りないんです。
当たり前ですね。

これに気づいても、アクションを起こすまでに意外と時間かかっちゃいましたw

で、半年経ったくらいで退屈なんだから、何でも良いから生産をしようってマインドを変えました。
このブログもその一つです。

もちろん、「ブログで副収入☆」なんて思いもありますが、「退屈すぎた」ってのが本音ですw

ブログだけじゃなくて、WEBサイトの制作とか、料理とか興味があるものをちょいちょい始めました。

そしたらですね、これ楽しいんですよ!!マジで。

生産することに下手も上手も無いんですよ。
退屈になると、生産するっていう行為自体がとてもワクワクします。

多分、消費天国にいた時は、こんな思いには、まずならなかったです。

今更ですが、退屈になって、本当に良かったです。

 

 

でも、東京に行ってマジで良かった。

僕は、東京も好きです。

だから、地方でくすぶっている人は、本当に東京行った方が良いです。
特に実家暮らしの若者はいきましょう☆

結局、中途半端な消費(イオンモールが全てみたいな消費)は、自分の刺激のキャパシティを超えないです。

東京は、全てが異常です。
そして人が多すぎです。
だからこそ、疲れもしますが、刺激ビンビンでアンテナの感度が変わります。

これは、観光した位では分かりません。
暮らさないと感度は変わらないです。

で、アンテナの感度が変わった状態で、地方を見ると、別の見え方や気付きが生まれます。

僕は、ありがたいことに漸く気付けました。

 

 

地域活性化や地方創生は考えない

東京にいる時は、せっかく移住するなら、「地方創生だ!」とか、「地域活性に関わりたい!」とか思ってましたが、これも違いました。

まずは何よりも自分です。
自分が面白くないやつが、創生も活性化もできないですよね。
出来たとしても、理屈をこね回している人の周りに人は集まらないですよね。

「まず、やってみる!」

これが大きな一歩ですね。
こんな当たり前のこと、気づくの時間かかりましたねw

はるまきは、もうちょっと子どもっぽくいきまーす!

スポンサーリンク