営業1年目の時、話の上手くない自分が会社の飲み会でウケる話題を考えた

2018年5月28日

スポンサーリンク

トーク力ってサラリーマンやっていると求められること多くて、特に一年目の営業の時は、お客さんとの飲み会とかで上手いこととか、気の利いたことが言えなくて結構悩んだりしました。

今でこそ、室内に閉じこもって制作やら作業やらする系なので、無縁ですけどw

たしか入社ちょっとして、得意先との会食に参加させてもらった時に、先方の中堅どころが、僕の顔色が悪く見えたのか、「新卒くん、なんか顔色悪くなーい?」って言ってきたので、「寝不足なもので、、、」と返して、愛想笑いされたました。。
(確かにこれは正直だなあ…)

で、帰り道に営業歴15年の上司に『ああいう時は、「雪国育ちなもので、へへへ」とか冗談言えばいいんだよ』と笑いながら言われて、そういうものかと思いました。
(この冗談も別に面白くないですね。)

そんな感じで、新卒時代の序盤は、営業研修とかに行ってみたんですけど、
営業の「いかに上手いことを言って、相手を唸らせるか」みたいなやり取りに馴染めなかったんですよね。もちろん全ての営業がそういう訳ではないと思ってます。

それなんで、初めの頃は、無理して飲み会で、ウェーイ系のノリをやってみるんですが、やっぱりそもそも話が上手い人とか、天性のウェーイ系の人には、全然かなわないなあと思いました。

今でこそ、自分と話の合う人とちゃんと話せれば良いんで、世間一般を意識したトーク力って別になくても良いと思ってますが、当時は、いかに飲み会をいい感じ乗り切るかを考えてましたね。
(当時の自分に「いいから仕事しよう」って言いたい)

ということで、営業1年目で飲み会を乗り切るために、考えた飲み会でウケる話題(ジャンル)を、超独断と偏見で紹介しますw
(真に受けず、テキトーにスクロールしてください)

 

バカ系の話

掴み ★★★★
瞬間風速 ★★★★
長続き度 ★☆☆☆
女子ウケ ★★☆☆

エピソード例
・初めて会った先輩の知り合いにMacBook(15万円くらい)を買ってやったぜ!うぇい!(実話)

説明
自分ってこんな無茶なこともできるんです系の話。(主に男性が話す。)
ギャップがあるほど、自分をさらけ出してる感が強まって、場が打ち解ける。
自分を貶めることでとる笑いなので、誰も傷つかない。
ただ、無茶が過ぎたりすることが多く、あまり話が広がらないことも多い。

 

下ネタ系

掴み ★★★☆
瞬間風速 ★★★★
長続き度 ★★★☆
女子ウケ ☆☆☆☆

エピソード例
・歌舞伎町のキャッチについていって裸になっただけで、5万円払わされた(実話)

説明
大体の男性(特に営業系)が好きな話題。
無茶で、マイナーな話ほど、爆発的に盛り上がる可能性を秘めている。
バカした系と同じく、自分をさらけ出してる感が強まって、場を打ち砕く。
ただ、女性から白い目でみられる可能性が高く、時々、女性店員からも嫌われる。

 

恋愛系

掴み ★★★☆
瞬間風速 ★★★☆
長続き度 ★★★☆
女子ウケ ★★★☆

エピソード例
・彼女(今の奥さん)と大喧嘩して、泣いた(実話)

説明
多分、30代までならオールラウンダーなネタ。
「最近、どうなの?」と話をふれば、半分の人は、勝手にしゃべってくれる話題。
恋愛系の悩みがかぶれば、爆発的に盛り上がり、彼・彼女のことをdisる話になると、妙な結託が生まれたりする。男性だけの場合、大体ここから下ネタへ発展する。

 

仕事系

掴み ★★★☆
瞬間風速 ★★☆☆
長続き度 ★★★☆
女子ウケ ★★☆☆

エピソード例
・リリースしたサービスが全然うまくいってなくて、泣きそう(実話)

説明
「最近、どうなの?」と聞けば、残り半分人が、勝手にしゃべってくれる話題。
女子ウケもあまり高くないが、会社の愚痴とかがハマると盛り上がりやすい。
真面目な話に発展することもよくある。

 

社会・知識系

掴み ★☆☆☆
瞬間風速 ★★☆☆
長続き度 ★★★☆
女子ウケ ★☆☆☆

エピソード例
・岡山城の一階は五角形なんだよー(実話)

説明

ハマったら長ーく話せるが、ハマらないことも多いので、大人数の飲み会には向かない話題。
ファニーな面白さではなく、インタレストな面白さが提供できる人の得意領域。
変なタイミングで話はじめると、ウザがられる。

 

共通の趣味(ゴルフ、漫画とか)

掴み ★★★☆
瞬間風速 ★★★☆
長続き度 ★★★☆
女子ウケ ★★★☆

エピソード例
・松本城の月見櫓ってせっかく作ったのに、徳川家光こなかったじゃん!でもさあ…(実話)

説明
共通の趣味を持っているという前提が必要。
会社の飲み会では発動しないことも多いが、前提さえクリアすれば、ザ・万能ネタ。
コアな話もできるので、普通に盛り上がる。

 

万が一、参考になればしてください。

会社関係で飲み会があるとき、こんな話題をふれば良いんだなあと当時思っていたことをまとめました。
こんなこと考えてないで仕事した方が良いですね、はい。

と言いながら、こんな本もあるので、飲み会ってやっぱり皆悩むんですね。

 

ちゃんとニーズがあるんだなあと実感します。

スポンサーリンク