岡山から東京へ行くなら「夜行バス」に乗ろう!

2018年5月28日

スポンサーリンク

年末年始に東京へ夜行バスで行くはるまきです。

移住するまでは専ら新幹線でした。
でも、最近は、ほぼ夜行バスですね。

ってことで、夜行バスのおすすめポイントを紹介します!

 

良いところ①:何よりも安い

これはすぐに頭に浮かびますね。

年末年始の繁忙期でも、岡山から東京の片道は、

新幹線:18000円弱

飛行機:11000円弱

夜行バス:9000円弱

です。
新幹線と比較すると10000円近く差がでることが多いです。

 

良いところ②:アクセスが良い

しかも、夜行バスは、乗っていれば岡山駅前から東京の主要駅前(新宿駅や東京駅)に連れてってくれます。
新幹線なら当たり前ですが、飛行機を使うと空港までが遠いため、結果不便です。

といっても、東京であれば羽田空港から品川駅まで15分ですし、そこまで不便ではないです。

問題は、岡山空港ですね。
結構、遠いんです…

岡山駅から岡山空港までのシャトルバス(片道760円)で出てますが、それでも30分かかります。
自家用車で行けば、駐車場代は無料(第2駐車場~第4駐車場)ですが、家の場所によっては30分以上かかります。

 

良いところ③:深夜を有効活用できる

ってことで、僕は新幹線と夜行バスの比較をよくしますが、夜行バスの最後のメリットは、「寝てれば着くところ」ですね。

よく「お金で時間を買え」みたいな話もあるので、新幹線の方が時間を有効利用できると思われます。
でも、岡山から東京って新幹線で3時間半かかりますよ。
確かにパソコンで色々作業もできますが、それだったら僕は3時間分東京で過ごしたいです。

夜行バスなら、寝ている時間に移動してくれるので、何もしない時間を有効利用できます。
結果、3時間分東京で多く過ごすことができます。

 

スポンサーリンク

 

 

ここまで、夜行バスをかなり推してきましたが、「…そうは言っても夜行バスは不便」と思われやすいので、僕なりの解消方法も紹介しておきます。

 

不便なところ①:眠れない

結局、これですねw
夜行バスは「寝れない」「睡眠の質が低い」「疲れる」といったことがよく挙がります。

これは、人によるところもありますが、ある程度までは寝れる環境に整備できます。
(僕もどこでも寝れるタイプではないですが、夜行バスではちゃんと寝れています)

ということで対策はこちら!

① 家で寝る状態で乗車する

つまり、お風呂に入り、歯を磨き、パジャマ(動きやすい恰好)で乗車するってことです。
夜行バスで寝れないのは、いつもの環境が違うからです。
できるだけ、慣れ親しんだ環境にするために、自分自身を寝るために最適な状態にしておきましょう。

女性も、マスクして大きめのサングラスしておけば大丈夫です。

② 眠りやすいグッズを持ち込む

ネックピロー、アイマスク、マスク、タオルを持ち込みましょう。

ネックピロー
ネックピローは必須です!

100均のでもまあいけますが、下のネックピローは良いですよ。
2000円するので、夜行バスをよく使う人なら買っておいて間違いなしです。
100均のとは全然違います。

 

 

アイマスク
ちょっと光でも眠りにくいという人は持っていくと良いです。
ただ、アイマスクとブランケットは、車内にサービスとして置いてあることが多いですね。
ちなみに、ホットアイマスクをするという手もありですw

僕は日頃からホットアイマスク愛用者なので、夜行バスに使い捨てタイプを持ち込むことがあります。
ちなみに、周りのお客さんに迷惑がかからないように、無香料のものにしましょう。

 

 

マスク
マスクは意外とつけない人が多いですが、特に冬の夜行バス暖房の影響で乾燥することが多いです。
喉の乾燥を防ぐためにもマスクをして寝ると良いです。

タオル
これは特に用途を決めてないですが、あると便利です。
僕の場合は、腰が疲れやすいので、シートと腰の空いた隙間にタオルを入れてます。
それ以外でも、何かと使えるのでとりあえず持ち込むのはありです。

 

不便なところ②:窮屈

不便なところ①とも関わってきますが、車内が狭いです。
なので、夜行バスは「3列独立シート」か「4列ゆったりシート」にしましょう。

しかも、「3列独立シート」か「4列のびのびシート」にすると、アイマスクやブランケット、トイレ付など、便利さも増します。

これ以外の、格安プランにすると、上で書いた対策をしたとしても、多分疲れやすいです。
結局、安さを追求しすぎると、睡眠の質が落ちて、到着後に眠くなってしまいます。

眠れるための対策を少しでも考慮しておくのが大事ですね。

 

おすすめの夜行バス会社

ここまで夜行バス対策を紹介してきましたが、僕が夜行バス会社をおすすめするとしたら、ウィラートラベルはおすすめです!

幅広いプランを取り揃えていて、その中に「3列独立」と「4列ゆったり」もちゃんとあります。
9000円で、乗り心地も良くて、車内も綺麗です。
乗務員さんの案内も丁寧なので、夜行バス会社の中ではコスパが良いと思いますよ。

あとは、ポイント制度ですね。

代金の1%がウィラーポイントとして付与されるので、夜行バスを多く利用するなら、毎回違うバス会社よりも、毎回ウィラートラベルを使った方がお得です。



岡山と東京の交通手段を色々考えている人は、ちゃんと対策を立てれば、高速バスを使うのが超おすすめですよ☆

スポンサーリンク