岡山で本格南インド料理を食べれる「ミレンガ」は美味い!

2018年5月28日

スポンサーリンク

食べ物の中で何が好きと言われたら「カレー」と答えるはるまきです。

大体の男子はカレー好きですよね。

東京にいた時は、神保町、吉祥寺、下北沢、渋谷とかで何かと昼はカレーを食べてました。

岡山に移住して、東京でのカレー体験が恋しくなることはないまでも、個性的なカレーに出会ってなかったです。

でも、「ミレンガ」は違います!

まず、南インドの家庭料理です。
インド料理ではなく、南インドという辺りにもこだわりを感じますよね。

確かに、日本でも北海道の家庭料理と、沖縄の家庭料理ではきっと違いますもんね。
あえて、ジャンルを狭めちゃう感じ好きです。

駐車場は無いみたいなので、車をどこかのコインパーキングに止めるか、路面電車で最寄りの「西川緑道公園駅」までくれば良いですね。

で、店内外観はこんな感じです!

店はビルの一角で、あまりインド感がありませんね。

入店すると、お店の内装も、きれいめでエスニックな雰囲気もあまりありません。

よく、日本のインド料理屋に行くと、インド感満載(インドっぽい絵画に、木が彫られたモニュメント、そんでインド系のゆったりしたBGM)は良くありますが、逆にそういうところはあまり目立ってないです。
日本人ナイズされたインドをあまり出していないお店です。

といっても、セルフサービスのお水の容器がおもいっきりインド感あるタンクだったり、BGMがインドの若者が聴きそうなポップな曲だったりします。

メニューも手書きで、使い込まれている雰囲気がありますね。
表紙がなぜバスの絵なのかは分からないですがw

中を見ると、ミレンガのこだわりが、手書きで書いてます。

良いですね~。
ベジタリアンもいけるお店なんですね。

ハラルフード認証店の説明も書かれています。

…すみません、凄く前置きが長くなりましたが、僕は「ノン ベジタリアン(マトン付) ターリー」を頼みましたよ!

メニュー表にターリーの食べ方も書いてあって、ありがたいですね。

待つこと5分くらいで、ターリーが運ばれました!

1つのプレートに全て盛り付けるんですね。
しかも、本場の食べ方に合わせて、手で食べても良いとも書いてあります。
(僕はスプーンで食べましたが、ちゃんと手洗い場もありました。)

味は、すごいスパイシーです。
しかも、色んなスパイスが混ざっているので、最初のスパイスを感じたら、次のスパイスを感じて、スパイスの波がぞくぞくと押し寄せます。
さすが本場ですね。

しかも辛いんですが、舌がひりつく攻撃的な辛さではないです。
その代わり、異様に汗をかきますw

そんな時は、小皿にあるサラダや卵を食べると箸休めになりました。

ペロッと食べれましたが、かなりお腹いっぱいになりますよ。
写真でみると少なく感じるかもしれないですが、食べるとスパイスの効能なのか、満腹感が凄いです。
胃が活性化でもしているのかな。

で、食後には、ジンジャー強めのチャイが運ばれてきます。
これも、強烈かと思いきや意外といけちゃいます。
カフェとかで売っているチャイにはないスパイシーさがあります。

岡山で個性的なカレーを食べたいなら、「ミレンガ」はおすすめですよ~!

スポンサーリンク