郷土愛がない方が、住む場所から自由になれる。

2018年5月28日

スポンサーリンク

と思っています。

僕は、小さい頃から住む場所を転々としてきました。

転々としてきた理由は、家庭の事情とか、親の気まぐれとか、学校の都合とか色々ですね。
そもそも同じところに大体3年~5年くらいしか住んだことないので、岡山も5年位したら飽きるかもしれないですw

こんな感じて生きてきているので、「郷土愛」という感覚があまりないです。

 

郷土愛がないおかげで、移住にほとんど抵抗がなかった。あと…

住んだことのある場所は、すべて思い出があって、好きだし、全然冷めていることはないんですが、郷土愛みたいなものはないです。

岡山は、個人的に「郷土愛が高くもなく、低くもない県」という印象を持っているので、僕には住みやすいです。

逆に、奥さんは「岡山愛」が強いし、むしろそれでUターンに至るまで行動ができることに驚きます。

ただ、郷土愛がないだけでは、土地を離れる理由にはなっても、別の土地にいく理由にはならないじゃないですか、やっぱり。

郷土愛という引力がない分、フワフワ漂うことはできるけど、どこかに着地することもできない感じです。

だから、僕の岡山移住についても、色々な人から、

「なんで、くそド田舎に移住するの?」

「なんで見ず知らずの土地に行くの?」

「スローライフ的なことを望んでるの?」

とか理由を聞かれた時、岡山の魅力とか、移住者が多いところとか、暮らしやすいところ、仕事の多さとか、色々話してみたんですが、どれもこれもシックリこなかったです。

というか、すべて何か取ってつけたような話になりました。

で、結局、余計なことを取っ払って考えた結果、岡山へ移住した理由は、

・好きな人が岡山に帰りたいと言ったから

・住むところへのこだわりが薄いから

の2つです。

それ以外のことは、後押しはしたけど理由ではないです。

好きな人っていうと超恥ずかしいんですが、これしかないですね。本当に。

実際に、高校からの付き合いある友達に、例のごとく岡山に行く理由を取ってつけたような話をしたら、

「いや~たぶん、奥さんが別の県出身でも、結局、はるまきの場合は移住してたよ」

と言われました。

うん、核心ですね。

 

結婚を考える時、「住む場所」が問題になる場面がある

昔より自由に働きやすい時代だからこそ、結婚を考える時に「住む場所」って問題になってくるんだろうなって思います。

前に女友達と話をしていて、

「彼氏が地元に帰って家業を継ぐことになったんだけど、結婚して私も付いていくかかなり迷っている。」

みたいなことを聞いて、相手のことが凄い好きなんだけど、好きだけではカバーできない、住む場所の問題ってあるよなあと思いました。

年収云々がネックになるって話は良く聞くんですが、住む場所が、普通に問題に挙がるのってそもそも移住が今は身近になっているからかなと思います。

で、そんな時は、奥さん(当時は彼女)から、真剣に岡山に帰ることを考えているっていう話を聞いた時に言われた話が、大切というか参考になるかなあと思います。

「それぞれの人生だから、お互いに「好きだから」っていう理由だけで、二人して岡山へ移住するっていう選択はしない方が、きっと良いよ。てか、それは重すぎるし。けど、岡山来たらきっと楽しいとは思う!」

って言われました。

もっとガチャガチャしてたと思うけど、なんか冷静だし、人の心をくすぐる表現だなあ、、、ズルい。。(そんな奥さんは今横でスマホでふにふに漫画を読んでいます、はい。)

そもそも比べる単位が違うものを同じ天秤に乗せても、比べられないので、パートナーも好きだけど、今の生活も好きって普通なんだと思います。

それでも、これから生きていく上で、比べたくなくても、どちらかを選択をしないといけないことは、やっぱり出てくるので、その時は「自分はこれからどう生きた方が面白いか」を軸に考えた方が僕は良いと思っています。

僕の場合、別に東京が嫌いじゃなかったし、仕事も嫌いじゃなかったので、東京を離れたいとは思っていませんでした。

けど、今の奥さんとだったら、もっと面白く生きれるかもと思ちゃったから、岡山来ちゃいました(笑)

ちなみに、この話を転職活動中に、企業との面接で話をしたら

「じゃあ、はるまきさんは奥さんが別の県に行くていったら着いていくんですか?内定出してもそういうリスクがあるから聞いておきたいですね~。主体性みたいなものはあるんですよね?」
と質問されましたw

「(うーん、主体性もあるんだけど、そういう話でもないんだけどなあ、、うーん、伝わらないなあ)」
と思いましたが、多分、僕の表現の問題とちょっとカッコつけて言ったのが悪かったんだとも思います。

…って思ってたところに、最近こんな本を読みました。

うん、そうそう受動でもなく、能動でもない状態の間で揺れ動いている中動態っぽいかも。

人文系の本ですが、妙なもったいぶった表現とかはなくて、面白いので、詳しくは読んでみてください。

 

これからももちろん岡山に住むつもりですが、郷土愛がないので、またフワフワするかもしれません(笑)

もしかしたら、数年後、岡山愛が爆発しているかもしれません。

ただ、できる限り自由には生きたいと思っているので、あまり固執せずにいこうと思っています。

スポンサーリンク