『幸福の「資本」論』に書かれている最適化戦略が、嫁ターンと親和性高いって話。

スポンサーリンク

岡山に嫁ターンしたはるまきです。

最近、『幸福の「資本」論』を読んだんですが、とてもグッとくる本でした。
嫁ターンした人の働き方の支えになるような本です。

まず、この本の趣旨は、「幸福な人生のための最適戦略」を考えるってものです。

ちなみに、作者の橘玲氏は、最近読んだ『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ』と同じ作者で、相変わらずタイトル名は釣り気味ですが、内容はとても理論的です。

>>会社員必読。『お金もちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ』

 

この本の主テーマ

分かりやすいので、本書のプロローグから引用すると、

ひとは幸福になるために生きているけれど、幸福になるようにデザインされているわけではない。
(中略)金融資産」「人的資本」「社会資本」という3つの資本から、「幸福に生きるための土台(インフラストラクチャー)」の設計を提案しています。この考え方はきわめてシンプルですが、だからこそとても強力です。

となっており、掘り下げると
・金融資産を設計することで自由を手に入れる
・人的資本(自身の知識とか労働力とか)を設計することによって自己実現する
・社会資本を設計することで共同体の中で絆をつくる
です。
分かりやすく図にすると、こんな感じです。

で、この3つの資本について、
3つ(全て)を満たすと、超充(人的資本、社会資本、金融資産)。
2つを満たすと、リア充(人的資本、社会資本)、お金持ち(人的資本、金融資産)、旦那(社会資本、金融資産)。
1つを満たすと、ソロ充(人的資本)、プア充(社会資本)、退職者(金融資産)。
0だと貧困。
になると説いています。

マイルドヤンキー(≒プア充)がそれほどお金がなくても幸せなのも社会資本が充実しているからってことですね。

こういった世の人々を分析してラベリングすること自体は、この本以外でもよく見かけますが、この本は「どうやったらこの3つの資本・資産を最適化できるのか?」ということに踏み込んでいます。
この最適化戦略が、嫁ターンした今の自分と当てはまることが多かったです。

 

先に結論を書きます

「どうやったらこの3つの資本・資産を最適化できるのか?」の結論は、

①金融資産は分散投資する。
②人的資本は好きなことに集中投資する。
③社会資本は小さな愛情空間と大きな貨幣空間に分散する。

です。
※結論を書いちゃいましたが、この本の面白さは、統計や実験をもとに結論に向かって論理的に説明していくところなので、これは原本を読まないとわからないと思います。

 

①金融資産は分散投資する。

こうは書いてあるものの、金融資産の投資方法についてはあまり具体的な方法は書いていません 笑
社会保険、税、株、不動産とかについて知りたい方は、先に書いた『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ』の方がおすすめです。

一応要点をつまむと、
「資本主義(人間の欲望によって自己増殖していくシステム)において、市場が大きなるところに長期投資していけばその差異によって、利益を得られる。
ただ、現在のマイナス金利下(凄腕トレーダーも投資先が少なく無難な債権を選ぶような状態)では、凡人が市場を予測するのは難しい。
だから、「賢いひとは利潤を最大化するために金融資本よりも人的資本を有効活用する、すなわち「働く」」(本書より引用)」
です。

つまり、金融資産を大きくするには分散投資が大事だけど、今の状況では人的資本を有効活用しようっていう話になっています。

 

②人的資本は好きなことに集中投資する。

これは、そのままの意味です。
「好きなことで生きていく」ことが、いかに現実的なのか説いています。
要点をつまんでおくと、
「ジェネラリストとして新卒一括採用で育成され、ストレスを感じなくなるまでに会社に適応するのは、労働集約的で日本の市場が大きくなっている状況では有効。
が、世が知識社会化している中で、同質・均質な方がリスキーな世では、サラリーマンで何も考えずに過ごすとどんどん取り残される。
結局、好きなことでないとスペシャリストになれない。
スペシャリストとして、自分だけのニッチで勝負し、複雑さ味方にし、変化を好む必要がある。」
です。

これについては、自分の移住後の経験とかなり被っています。

>>正直、移住するまでホリエモンの言っていることが分からなかった。

 

③社会資本は小さな愛情空間と大きな貨幣空間に分散する。

これ、まさに嫁ターンした今の僕の環境ことですね 笑

>>嫁ターンをした僕は、特にやさしい訳ではない

わざわざ説明するまでもないですが、小さな愛情空間(奥さん・必要最低限の人間関係)、大きな貨幣空間(副業)に分散しています。
少し強引かも 笑

あと、この章には、セロトニンを運搬する遺伝子の研究から、アジア人がいかに環境の変化に敏感かについての考察があり、これがとても面白かったです。
やっぱり自分のいる環境は大事ですよ!

>>岡山市へ移住してもうすぐ1年。環境を変えるのはとても大切だと実感。

 

「嫁ターン」はこれからの生き方なのかもしれない

大袈裟なこと言ちゃってますが、『幸福の「資本」論』を読んでそう感じました。
自分が生きやすい環境を整え、その中で好きなこと(自分の価値が最大化できること)で生きていく。
シンプルな話ですが、これに気づけたのも、今行動に移せているのも嫁ターンしたからです。

これから嫁ターンしようとしている人もした人も、ぜひ『幸福の資本論』は読んでくださいー。

スポンサーリンク