地方で稼いでいくにはコツコツと武器を磨き続けた方が良い

2018年5月28日

スポンサーリンク

地方移住して1年以上経ち、移住生活も馴染んできたはるまきです。

これまで地方での稼ぎ方や働き方についても色々書いて来ましたが、最近、コツコツと継続することの重要性を日々感じています。

その理由は、人と出会ったときに、自分の「武器」が人の記憶に残るからです。

僕はプライベートでWEBページの制作をしているんですが、以前、「はるまきさんなら出来るかもしれない」という理由で仕事の紹介を受けたことがあります。
まだ移住して半年も経っていない頃ですね。

これはプライベートでWEBページの制作をしていたことが、紹介していた人の記憶に残っていたお陰です。

だから、地方では、初めて出会った人に「自分は何ができるか」を伝えれば、意外なタイミングで仕事の依頼を受けられる可能性があるんです。

 

地方は融通。都会は価格。

この繋がりは個人間だけでなく、企業間でも同じです。

東京にいたときは、
「Aという分野は●●会社、Bという分野は■■会社にお願いしよう。新分野の発注はネットで探して、見積りをとってから考えよう。」
といった感じに分業的に仕事を依頼するスタイルでした。

が、地方では、
「AもBも似ているし、●●会社に丸ごとお願いしちゃおう!新分野の発注も●●会社ができそうだから、一緒に確認しよう!!」
といった感じに似ていることをまとめて依頼するスタイルが多いです。

なので、発注された●●会社は、事業範囲が異なっていて、発注内容を受けられない場合、自分が知っている会社や人を紹介してくれることが多いです。
○○さんのところなら、この件対応できそうですよ。紹介しておきますね!」といった感じです。(やさしいですよね…)

で、大事なのは、地方では、この「○○さん」に、もしかしたら自分が入るかもしれないんです。
「…んな訳あるかい!」って、東京の大企業にいる人は思われるかもしれませんが、地方の企業は「似ている業務は何でも一緒(と捉える)」思考は結構よくあります。
特にIT系の話は地方のアナログな会社ほど、全部丸ごと一緒にする傾向がありますw

だから、「ネットに強いなら、パソコンも直せるよね?」みたいなことも全然ありますよ。
(さすがにこれはご年配の方ですが)

よく、こういう人の繋がりから生まれる仕事って合理的じゃないと思われやすいですが、仕事の内容の融通が効き、色々なことに対応してもらえるのも事実です。

逆に、要件と価格をガチッと固めて、決められた通りに仕事を依頼内容を作っていく方法は、依頼する側に知識とハンドリングする能力が求められるので、地方の中小企業では難しいことが多いです。
「何でこんなに融通が効かないんだ!」っていう話になることすらありますw

 

スポンサーリンク

 

 

「自分の武器が分からん・・・」という人は?

といっても、武器が分からんっていう人もいますよね。
僕も東京にいた時は分からなかったです。
(今も武器に仕上げている日々です)

そんな人はまずは、

① 強み診断

② 得意なこと(もしくは得意にしたいこと)でちょっとした仕事をしてみる

③ 求人を転職サイトで探してみる

をやってみると良いです!

 

① 強み診断

これには以前、下の記事でまとめてますが、自分の考え方とか志向性とかを客観的に理解しておくと便利です。
自分のことは自分が一番分かっているとは思いますが、裏付けがあると安心もできます。

 

② 得意なこと(もしくは得意にしたいこと)でちょっとした仕事をしてみる

これは「ちょっとした仕事」をしてみるというのがポイントです。
文章書くのが得意と思ったら文を書く副業をやってみる、接客が得意と思ったら知り合いの店番を休日にやってみる。とか。

小遣い程度でも良いので、仕事としてお金をもらうのが大事です。
ただの手伝いだと、武器として自覚しにくいですが、お金が発生すると「この武器を磨くには何に集中したら良いか」を考えやすいです。

例えば、僕の場合、WEBページの制作をしていて、大規模なサイトや複雑なプログラムを書くのは今からでは到底かなわないので、小規模かつ低価格でフロントの動きをリッチにすることに特化し、それに必要な技術を磨くことを意識しております。

よくこういう話をすると、「自分のスキルはちょっとやれば誰でもできる・・・」みたいな話をされます。
が、ちょっと経験がいるスキルって意外と「誰でも」できません。
やらない人はやりませんし、興味があるというだけで他の人とは違います。

まあそうは言っても、そのスキルを持っている人が世の中に多いのも事実なので、「どこに特化するのか。どこはやらないのか。」は考えた方が、武器を効率的に磨きやすいです。

 

③ 転職サイトで武器を扱う職種を探してみる

じゃあ、そもそも「どこに特化するのか。どこはやらないのか。」をどうやって考えるか?
そのために、僕は転職サイトを参考にすることをオススメします。

使う転職サイトは何でも良いです。
求人数が多いところが良いので、リクナビNEXTとか、indeedとかが良いんじゃないでしょうか。

ここで自分の武器を扱う求人が、世間的にはどの程度の価値なのかを調べてみてください。
そうすると、例えば、「自分の武器はライティング力だ!」と思っていても、求人サイトで調べてみて全然求人がない、もしくは給与が低いなんてことがあります。

これだと、武器が世間的に求められていないので、いくら磨いても日の目を見ることがない(その可能性が高い)ことが理解できます。

逆に、求人が掲載されている場合は、その必須要件や求めるスキルはチェックしておくと良いです。
自分の武器はどのレベルになれば価値として認めてもらいやすいかが分かるので、武器を磨く時の一つの目標になります。
これが結果的に、「どこに特化するのか。どこはやらないのか」の参考になります。

ちなみに、IT系のマイナーな職種(ライター、WEBディレクター、SEOコンサル、WEBアナリスト、UI/UXデザイナー、サーバーエンジニア、など)はやっぱり東京や都会が圧倒的に多いです。
地方にはこういった分業が進んだ先にある職種は少ないです。

 

地方は武器がコツコツと磨きやすい

地方は単価は安いですが、自分がやらないとできる人がいないことがあります。

僕が住んでいる岡山市は、まだ色んな会社があるので何とかなりますが、岡山の中でももっと田舎に行くとこれが本当に多いです。
だから、東京や都会では自分の武器に自信がなくておじおじしている人は、地方に移住という選択もありです。
きっと重宝されます。
(その代わり、リテラシーの低さは覚悟してくださいw)

逆に、チームで切磋琢磨して武器を磨いていくには、スキルが身につきそうな会社を選んだり、交流会に出てみたりして、自分で動いて環境を作った方が良いです。
当たり前ですが、待っていても何も始まらないです。

 

ということで、地方に移住した人はコツコツ自分の武器を磨いていくと良いですよ!
僕も日々コツコツ自分の武器を磨いていこうと思います☆

スポンサーリンク