胃もたれが少ない「米油」が最高すぎる

2018年5月28日

スポンサーリンク

油っぽいものを食べると胃がもたれしやすいはるまきです。

「おじいさんかよ!」って突っ込まれるかもしれないですが、油ものは大好きですよ。

唐揚げ、とんかつ、ラーメン、焼肉 etc.
どれも大好きです!

でも、毎回、食べ終わった後に、胃がむかむかするんです。

で、こんなチャレンジもしているので、僕は最近、身体のことを考える機会も多いです。

ただ、基本スタンスとして、ストイックになり過ぎるのは嫌なので、油ものを食べないという選択はまずありません。

そして、肉の部位をさっぱりしたもの(ささみとか)に変えたりするのも嫌です。

あくまでも、できるだけ同じ味、同じものを使って美味しく食べたいんです。

割と調子の良いことを言ってますねw

 

米油に出会う

そもそも、米油って聞いたことありますか?

まあ、ありますよね 笑
最近の油美容ブームで、ココナッツ油とかと並んで、「米油」も脚光あびましたしね。

僕も、中華料理に米油を使っているお店が何かの特集で紹介されているのを見て、知りました。
そのお店は、米油を使うことで、中華料理特有の、油っぽさを軽減しているとのことでした。

で、まあ、僕も、「モノは試し!」ってことで、奥さんに米油で唐揚げを作ってもらいました。
(自分では作っていませんw)

そしたらですよ!胃もたれが全くなかったんです!

しかも、これまでに、サラダ油、ナタネ油、ココナッツ油、エゴマ油など、奥さんも色々試してましたが、「味が変わらず、胃もたれが少ない」のは米油が一番でした。

 

米油とは?

米油は、玄米を砕いて白くしていく過程でできる副産物の米糠(こめぬか)から生成される植物油です。

抗酸化力があり、血流を良くして肌荒れの予防や改善などの効果がある「ビタミンE」の量がとても多いので、最近の油ブームに乗っかって、人気が高いみたいですよ。

 

米油の良いところ

僕はあまり美容とかには興味がないので、味にくせがほとんど無いところが一番気に入ってます。
奥さんが、ココナッツ油とかにハマった時は、味のくせが強くて、僕はNGでした。

揚げ物とかしても、サクサクで食感も問題ないです!

そして、繰り返しになりますが、食後の胃もたれが本当に少ないです。
揚げ物とか、中華料理とかでも食後のむかむかが超少ないです。

その理由は、どうやら油は複数の脂肪酸で構成されており、米油はこの脂肪酸をバランスよく含んでいるからみたいです。
構成に偏りがないから、胃もたれが少ないってことですね。

美容に興味ある方は、「米油 美容」とかで検索すると沢山記事がでてきます。
とりあえず、僕は、米油は抗酸化作用のあるビタミンEが超豊富ってことだけ覚えておけば良いと思ってますw

 

この米油がおすすめ!

僕の場合は、米油を飲むとかそういう美容は全然考えてないので、調理用に使えればOKです。

むしろ、ココナッツ油、エゴマ油、米油とかを飲むっていう発想がすごいです。。
奥さんも一時期飲んでましたが、僕はどうも抵抗があります。(そしてあまり美味しくない。)

そんな僕が、おすすめする米油は、これ!

1500gで約1200円なので、かなりリーズナブルです。
このお値段で胃もたれが無いのは、うれしいですね。

あと、米油は「圧搾一番搾り」が一番良いみたいな話もありますが、そういう米油は、この倍近い価格です。

調理用に使う分には、全く問題ないので、米油を試してみたい方はまずはこれで良いと思いますよ!

とは言え、「いきなり1500gもいらない!」って方は、750g(約650円)で試した方が良いかもですね。
僕も、最初は半信半疑だったので、小さいのを買いました。

何か、岡山に移住して少しずつ身体も健康になっている気がしますw

アトピー改善プロジェクトもあるし、これからも身体のことにも気を配っていきます☆

スポンサーリンク