地方移住1年目。地方での生き方は「鶏口牛後」だと思っている

2018年5月28日

スポンサーリンク

高校の頃、国語の授業で「鶏口牛後」っていう四字熟語を知り、この言葉が大好きになったはるまきです。

鶏口牛後(けいこうぎゅうご)って言葉を知っていますか?

字を見ると、「ニワトリのくちばし」と「牛のお尻」となっていますね。
つまり、「大きな組織の末端(牛のお尻)よりも小さな組織のトップ(ニワトリのくちばし)の方が良いよ!」っていう話です。

この言葉は、中国の『史記』で出てくる話で、強国「秦」に弱小国が同盟をして立ち向かう時にある小国の策士が弱小国の同盟の説得の際に使った言葉です。

今年1年、この言葉が地方での生き方でも重要な考えだなと思いました。
しかも、2017年は酉年です!ぴったり!

ってことで、地方移住後の生活について振り返ってみます。

 

移住から3ヶ月:東京と比較ばかりしていた。

移住後、3ヶ月間は、東京のことばかり気にしていました。

つまり、鶏口牛後でいうと、東京という牛の一部にいた頃の自分を回想していた時期です。

2016年10月に移住して、1月くらいまでですね。
冬の寒さも相まってネガティブ思考でしたw

SNSで、「東京の友達が会社立ち上げた」とか、「会社で年間MVPになった」とか、「IT系の勉強会参加してきました」とか、色んな情報を見て、「自分は大丈夫なのか?」って思いました。

最先端の情報が目まぐるしく入れ替わる中、自分はその環境にいない。
情報の波から遅れていくとかなり焦っていました。

その反動で、東京にいた時よりも自分から情報を獲りにいくようにしました。

RSSリーダーを使ったり、IT系の勉強会に参加したりしました。

 

その過程で、いかに東京にいた時は受信人間だったのかを痛感しました。

 

移住から6ヶ月:暇だし何か作ってみようと思った。

勉強会に参加したり、情報を収集したりして、受動人間から能動人間にちょっとづつ変化していったんですが、結局暇になったんですw

当たり前ですが、情報を得ているだけなので、知識量は溜まってもそれで終わりなんですね。
で、暇すぎてWEBページの制作を始めたんです。

つまり、鶏口牛後でいうと、牛(東京)の一部から抜け出そうと思い始めた時期です。

きっかけは、奥さんの仕事の繋がりで、超小規模のWEBページの制作依頼を受けたことが始まりです。

東京ではコーディングに毛が生えたレベル(コーディングに加えてプログラミングがちょっとだけできるレベル)だったので、こんな自分が力になるとは思いませんでした。
が、地方では、とても感謝してもらえて、自分でも価値を発揮できるんだと思いました。

あと、少しばかりですがお礼にお金もいただけて、初めて自分の力で仕事をしたっていう感覚を味わえました。
(サラリーマンってこの感覚が味わいにくいですね)

 

スポンサーリンク

 

 

移住から9ヶ月:暇な時間を稼ぐ時間に投資しようと思った。

その後も奥さんの繋がりなどからWEBの制作依頼を受けました。
趣味レベルですが、ちょっとだけお金をいただるようになったので、暇な時間をもっと有効利用すべきと考えるようになりました。

つまり、鶏口牛後でいうと、牛の一部から抜け出して鶏(岡山)の中で頑張ろうと思い始めた時期です。

で、今の自分にできることを考えた時、

・WEB制作
・WEB解析

この2つであると。

が、これは依頼数も少なく、単発の依頼が多いため、定常的に運用できるもの探しました。
(そもそも求められる内容次第で、僕が受けられるか否かの問題もありますしね)

その結論が、ブログでした。

理由は単純で、書くくらいなら自分でもできるし、サーバー代さえ払えばあとは自分の今あるリソースだけでできるかなと思ったからです。

ただ、最初は、全くアクセスないことも理解したので、気長に「とりあえず」くらいの感覚で始めました。

 

移住から1年以降:考えを言語化するのは楽しいと思った。

で、今は、ブログを始めて3ヶ月経ちました。
現在80記事なので、月25記事はかけました。

つまり、鶏口牛後でいうと、鶏(岡山)の中で頑張り始めた時期ですw

アクセス数は少しずつ着実に増えているので、この数値が増えているのをみるとやっぱりうれしいです。
まずはアクセス数が増えるように育てていきたいなと思います。

あと、たった3ヶ月ですが言語化すると自分の思考が明確になります。
書きながら自分の考え方に気付くことも多いです。

今は、思考ことを文字に起こすのが楽になりましたが、始めたばかりの時は、上手く文字に起こせすらしませんでした。
たった3ヶ月でも、こういった効果があるのは継続することの醍醐味ですね。

そもそもブログだけでなく、どうやったら面白く生きれるかを日々考えるようになっています。

東京(牛)と比較ばかりしていた移住直後の自分よりは圧倒的に成長しましたね。

 

地方では鶏のくちばしになる

これは、これからの抱負です。

WEB制作でも、ブログでも、ライフスタイルでも、会社でも競争が激烈でないニッチな部分を探して、そこで一番を目指していく。
あまりにも弱小の僕が移住したからこそ感じたやり方ですね。

地方は色々なマーケットも小さいし、技術力は低いかもしれないけれど、自分が今提供できる価値を工夫して着実に広げていきます。

小さな一歩を着実にですね☆

スポンサーリンク