会社では上司に好かれたほうが出世する。

2018年5月28日

スポンサーリンク

よく「上司の好き嫌いで人事評価が決まってフェアじゃない。」っていう話がありますが、僕は「ほとんど好き嫌いでしょ。人事評価制度は、好き嫌いを正当化するためのツール」って思っています。

結局、何だかんだ言っても、上司の言うことに素直に謙虚な人の方が出世すると思います。

一部の実績が伴ってるイケてる企業は、こういうのを排して数値至上主義になっていますが、これはこれで過酷です。

だから、会社で働く以上は、
「人の好き嫌いによる評価を受け入れて戦っていく」
「数値至上主義を受け入れて戦っていくか」
のどっちかかと。

このどちらも嫌な人が、フリーになったり、起業したりするんだと思います。
「自分っていう評価(軸)で戦っていく」というスタイルで。

「人の好き嫌いによる評価を受け入れて戦っていくか」の中には、もちろん程度の差はあって、この程度の差が「フェアっぽさ」をきっと醸成しています。

但し、「フェアっぽさ」であり、「フェア」ではないです。

もし本当にフェアにしたいなら、AIを導入して、全ての行動を数値化して、KPI管理すれば、一番フェアです。

でも、それは嫌だから、「人の好き嫌いによる評価が人事評価制度とかでカモフラージュされて”分かりにくくなっている”会社」に行きたくなるのかと。

 

会社で出世するには?

僕は、会社で戦っていく選択を獲った場合、「人の好き嫌いによる評価を受け入れて戦っていく」を選択します。

むしろ、「数値至上主義を受け入れて戦っていく」は僕には無理です。
性格的に精神が病みます。

こうなった以上は、ここで負けないために何をするのかが重要で、

そうなると、答えはシンプルで、
「嫌われないこと。上司からみて好ましい人であること」
です。

こう言うと、「前時代的だ!」みたいな意見飛んできそうですね。

でも、出世を目的にした場合、上司の好みに合わせるのが最も手っ取り早いです。

・ロジカル好きな上司
・3K(気合・根性・勘)好きな上司
・手を動かさず、責任もとりたくないけど、手柄は獲りたい上司

上司によって色々な行動パターンがあり、その行動パターンの好む行動パターンを取れば、好かれます。

とくに、3Kの人は楽ちんで、会社で好かれる「さしすせそ」を使えばほぼ攻略できます。
※流石ですね。知らなかったです。凄いですね。センスいいですね。そうなんですね。
これに「おっしゃる通りですね」も加えれば、最強ですw

あと、こういう上司に出会えることもあるので、分かりませんね。

 

結局、上司との人間関係で、執拗なまでに自我を出してしまうと、衝突が起き、我慢すればするほど、イライラします。
もし出世をしたいなら、やはり自我との葛藤は、たぶん仕方ないです。

出世した人をみて「あの人は社長のイエスマンだからね」という話もよく聞きますが、それは仕方ないです。

だって、会社の最高経営責任者である社長に好かれることが、出世競争の、最短ルートだからです。

 

僕は自分の時間がなくなるのが嫌

こう言っておきながら、僕は、出世がしたい訳ではないです。

自分の時間が取れなくなるのが嫌です。

だから、僕は会社にいる以上は、上司好かれるように「上手くやろう」主義です。

その理由は、余計な衝突を起こして、会社でしたいことができなくなったり、仕事が進まなくなったりして、結果的に自分の時間が無くなることは避けたいからです。

ただ、会社にも上司にも心は売りません。太鼓持ちにも勿論なりません。

これをしてしまうと、上司に好かれて、会社内の人間関係が濃くなりすぎて、プライベートでも会社関係の飲み会とかに参加しないといけなくなるので、僕は無理です。

だって、自分の時間がなくなら。
(溢れ出るゆとり感w)

転職活動中の会社選びも、「長く働けるやつ(長時間労働できるやつ)が偉い!」っていう文化じゃなさそうなところを割と重要視していました。
長時間労働とか、会社に身を捧げるの、僕は無理です。。

このとりあえず上手くやろうスタイルは、当たり前ですが、上司の言うことにイラっとすることも多いです。

ただ、本当に何度も言うように、余計なところで自我を出したり、愚痴ばかりこぼしても自分の時間は増えないので、僕は会社では自分の時間確保を最優先に行動します。

 

確保した時間で何するのか?

そんなに時間を確保して何をするのか。

会社以外のを拠り所をつくることです、キリっ!。

これは地方に来て実感したことですが、友達も近くにいない自分は、仕事と家しか軸がありません。
これだと物事を2つの尺度で測ってしまいがちです。
まさに杓子定規状態。

それは超つまらないので、このブログを始めました。
(これから着実に育てていきまーす)

 

会社行動パターンをまとめると

サラリーマンの僕が、自分の時間をつくるための行動パターンをまとめると

上司の好む行動パターンを観察し、ハマりにいく

自分の時間をつくる

自分の時間の中で第三の軸をつくる(このブログ) ←今やっているところ

そもそも、今の会社に愚痴はあっても、色々なことが出来るので、自分のためになっています。

結局、自分中心人間なんです。

 

だから、これからも自分中心で面白く生きていきたいですね☆

スポンサーリンク