地方の会社ではイメージが超大事だから、本当の自分なんて見せる必要がない。

2018年5月28日

スポンサーリンク

地方の会社に転職して、会社での自分のイメージをどう作るかが超重要と感じているはるまきです。

サラリーマンしていると、会社はイメージが全てだと思うんです。
イメージが良ければ、仕事が楽に進むし、イメージが悪ければ、無駄な労力が生まれます。
でも、このイメージの初期設定をミスると、その後なかなか変更しにくいです。

僕なんかは新卒で入社した会社で、向いていない営業部配属だったので、会社ではずーっと営業部ノリの接し方をされましたねw
もともと身内以外にはノリが良くないので、無理してノリを合わせるの実はしんどかったんですよね。

 

自分が過ごしやすいキャラといい奴のイメージを作れば楽

まず、「自分はこういうキャラです」っていうの作ってしまうと楽です。
定時に帰るキャラ、一人が好きキャラ、業務以外に関わらないキャラなど。

ただ、キャラを作っても、貫き通すことができないことも多いですよね。
僕が実際そうです。

特に、地方は、昭和的な思想が強くて、キャラを貫くと会社全体で総スカンを受けてしまうこともあるんですよね。。
ネットを使わずに、地方というコミュニティで商売をしている会社なんかは特にこの特徴が強いです。

なので、会社の中で、いい奴であるってことが地方サラリーマンでは結構大事です。

僕が、現在、営業ではなくバックヤード系の支援業務をしているっていうのもありますが、例えば、

・会社の中で、受け答えをちゃんとする。
・口下手なりにハキハキとする。
・頼まれごとを頑張っている感を出す。
・固い表現を使いすぎない。

とか対人関係に気を使うだけで、いい奴ポイントが上がります。

営業部員なら、こんなことは簡単にできますが、バックヤード系の人って物静かだったり、コミュニケーションが不得意だったりすることも多いですよね。
そんな中で、対人関係能力がしっかりしていると、それだけで社内でのイメージアップに繋がります。

こう言うと、
「イメージアップなんか無駄なことなんかせずに、キャラ貫き通せ」とか、
「もっとスキルを磨いて社内での地位を向上させろ」とか、
「社内政治なんかに勤しまず、経営者思考になるべき」とか、
色々な異論も上がりますよね 笑

でも、僕は、ワーワー言われることなく自分の時間を安定的に確保したいので、その目的においては、このやり方が一番効果があります。
いい奴であるというイメージがあると、ワーワー言われてしわ寄せがくることも少ないです。
地方では、良くも悪くも人に関心が強い人が多いので、あんまり淡白でいるとワーワー言われて仕事がしにくくなることも多いです。
このせいで、無駄な時間が発生するのはごめんです。

結局、会社での仕事も人の好きか嫌いかで業務効率が変わるので、社内でいい奴感を出しておくとキャラの融通が高まります。

 

でも、偽りの姿を演じていいのか?

全く問題ないです。

よく「本当の自分を出せる場所が必要!」みたいな話がありますが、移住して一人になる機会が多いと、本当の自分なんていなくて、会う人ごとに応じた「自分」が引き出されているんだなとよく感じます。

平野啓一郎著の『私とは何か――「個人」から「分人」』へという本でも、本当の自分なんて存在しなくて、家族に見せる自分、友達に見せる自分、恋人に見せる自分、これら全てが自分(分人)で、無理にひとつにする必要はないと書いてあります。
本当にこの通りだなと思います。

 

 

人当たりがよく無関心であるのが楽

結局、「会社でいい奴イメージを作っておいて、それ以外は全力で自分のことを考える」、これが一番やりやすいですね。

だから、会社で上手いこと自分を演じるっていうのは全然悪いことじゃないんで、もっと演じちゃいましょう!笑

スポンサーリンク