自分の身の回りの人と幸せに暮らせたらそれで良い

スポンサーリンク

自分と自分の周りが大事なはるまきです。

最近、友達から「昔、仲良かった人の中から、何か成し遂げている人が増えてきていて、とても焦っている」という話を聞いたので、思ったことを書いてみようかと。

その友達は、東京で何か成し遂げようと思って上京したのに、周りは何かしらの成果を出していく中、自分は何も成し遂げられずにいるみたいな悩みでした。でも、実際は、成し遂げたい何かは特になく、今は平日の仕事が嫌だけど、休日はとても楽しく、この生活のままでも楽らしいです。

これを聞いて、僕は土日にむしろ楽しく暮らせているならそれを悲観することはないんじゃないかと思っています。

 

社会にインパクトを残したいと見栄を張っていた時もあった

と言いながら、昔は僕も活動的で、「起業家になる!」とか、「社会貢献!」とか言っていて、周りの凄い人と自分をよく比較してました。

子どものころには海外にも行って途上国の現状をレポートするなんてこともしてましたし、大学のころは起業家の集まりに積極的に出ていました。

会社に入っても積極的に大きなプロジェクト入って、頑張ってる自分にもっと出来る人になろうとも思っていました。

だから、周りからも「活動的だね!」とか、「バリバリやってるね!」とか、「知り合い多いね!」とか言われることもありました。

でも、です。

こんな活動していながら、昔から何だか冷めていて、全然熱くなれなかったんですよね。。

「熱くあれ!」みたいな話を聞けば聞くほど、「熱くなれない自分は何なんだ…」と思ってしまっていました。

だから、カッコイイなって思う人の言動を真似てみたりしたんですけど、結局は、表層は真似できても中身が入らなかったですね。

それよりは大学の講義にあった哲学とか思想史とかそっちの方が何か惹かれるものがありました。何というか物事を斜めにみる姿勢が好きでした。

本当は惹かれるものがあったのに、「社会の役に立つ人間にならないといけないんだ!」という強迫観念のようなものに囚われて、当時の僕はずーっと社会に関心のある活動的な人というポーズを取っていたんだと思います。

 

自分の生きやすい生き方で

そんな当時でも、「何か無理しているな…」という思いはありました。

でも、当時は周りにイケイケ系の人が特に多かったので、「そんな小さく収まって良いの?」とか、「もっと社会に関心を向けよう」とか、「会社でサラリーマンとして働くだけで良いのか?」とか色々言われた気がします。

その度に、「まだ若いんだ!」、「可能性は無限大だ!」と無理して自分を鼓舞していました。

何かに没頭し熱中している状態が良い状態であって、そうではない自分はやる気のない人だと。

でも、です。2回目)

やっぱり小さく収まったって良いんです。

だって、自分がそれを望むから。
自分の生きやすいと思う生き方が自分に合った生き方だと思うんです。

 

自分のやりたいことにしか興味がない奥さんとの出会い

こんな風に思えたのは、年のせいもありますが、何だかんだ奥さんとの出会いです。

奥さんのことを話すのは恥ずかしいので、簡単に 笑

奥さんは、自分のやりたいことへの関心(執着)が強い性格で、世間的な名声とか、どんな仕事を今しているとか、誰と知り合いとかは、どうでも良いと感じる人です。

だから、付き合ったばっかりの頃に、僕が自分の理想についてあーでもないこーでもないと言っていたら、「自分が望んでもないことに、色々とラベリングしても別に何も変わらなくない?」とニコニコしながら言ってた時に、ドキッとしたんです。確か初デートで 笑

そんな奥さんのスタイルは今も変わっておらず、そのせいで周りとの衝突もまあまあ起こしていて、メンタルも時々やられてたりします 笑
まあ楽しそうにやってます。

で、こんな奥さんと出会って、僕がこれまでやってきたのはポーズだったんだなと強く感じたんです。

 

移住によりポーズをしなくて良くなった

僕は、いわゆる意識が高い人は好きだし、それを行動に移している人は好きです。

特にこの夏、西日本豪雨の被害のあった真備でボランティアをさせていただいた際に、先陣を切って仲間たちを動かしていた人を見て、こういう人は素晴らしいなと感じたんです。

でも、そうではなく意識が高い活動的な人のポーズを取っているだけの人は、超もったいないです。
一人で乗っているメリーゴーランドのようで、ぱっと見は綺麗でキラキラしてるんだけど、同じところをずーっと回っているみたいな感じです 笑

僕のように人のことがあまり興味がないにもかかわらず、ポーズを取っていると、その矛盾に自分で縛られてしまいます。
知らずに知らずに息苦しさも感じると思います。

僕の場合は、奥さんと出会い、周りの刺激の少ない見ず知らずの岡山市に移住したことで、自分の身の回りと幸せに暮らせればそれで良いと思うようになりました。

多分、これから色々な願望も出てくるとは思いますが、僕の根本はこれみたいです。

結局、社会に無関心ではないけど、そんなに思いもないのに関心があるふりをする必要はないし、社会がこのままで良いとは思ってはないけど、社会を変えたいと思っているふりをする必要はないし、個性が強い人は好きだけど、個性が強い人のふりをする必要はないと思うんです。

ただ、本当に社会を変えようとしている人、本当に個性が強い人は出来るだけ否定したくないし、出来れば応援したいです。
何と言うか、自分がポーズを取ったことあるだけに、本当に思いを持って行動をいる人はやっぱり凄いです。

 

と、こんな風に最近やっと思えるようになりました。

だから、これからは、自分の身の回りが本当に幸せになれる生活を送っていきたいのと思っています。その先に何か自分の手に入れたいものがあると思うので。

がんばりますよー☆

スポンサーリンク