地方に嫁ターン(Iターン)できる人の4つの特徴

2018年5月28日

スポンサーリンク

2016年秋に岡山にIターン(嫁ターン)したはるまきです。

Iターンしてみて、1年半以上経ちましたが、快適な生活を過ごせています。
岡山市は本当に移住しやすいところですね。

ただ、これは自分の性格が上手くハマったことも大きく影響していそうなので、Iターンに向いている人の特徴について考えてみました。

 

① 孤独でない

僕は奥さんがいるため孤独にはならないです。
見ず知らずの土地に住んでいても寂しいという気持ちも起こらないのも、奥さんがいるからですね。
まあ、この土地に連れて来たのも奥さんなんですが 笑

逆に地方に移住して、孤独な環境だと多分きついですね。
理解者がおらず、かつ周りに知り合いも少ないと心が不安定になる気がします。

本当に一人になりたいというのであれば別ですが、心機一転したいと思って一人で移住すると想像以上に寂しくなるかもしれません。
Iターン移住するなら家族、恋人、友達であれ、孤独にならない環境があると良いです。

 

② こだわりが少ない人

こだわりが少ない方が移住生活は馴染みやすいです。
生活環境や交流関係も変わるので、あれやこれと関心を払っていると気が疲れます。
なので、自分のしたいことだけはこだわって、それ以外はどっちでもよいくらいのスタンスの人の方が移住生活のストレスがたまりにくいと思います。

僕は自分以外のことにあまり興味がないので、周りの環境が色々変わっても自分のしたいことができている今の生活の方が実は快適です。
というか、一人になれる機会がこんなにあってありがたいです 笑

 

③ 生活重視

仕事によって充実感を得る人は、都会の方が多いと思います。
一方の地方は、家族や暮らしなど、生活の方が重視している人が多いです。

なので、Iターン移住の場合は、「生活観」を大事にする人の方が適しています。(これは地方移住全般にも言えます)

実際、僕も昔から生活重視なので地方のこの雰囲気は好きです。

…ただ、その分、地方は年収が下がりやすいのも事実なので、ちゃんと転職はした方が良いですよ。

 

④ 遊びや趣味が周りの環境に左右されにくい

Iターンすると交流関係が変わるだけでなく、地方の田舎っぷりを実感するはずです。

なので、もし遊びや趣味が、ショッピングとか、レストランでディナーとか、居酒屋を飲み歩くとか都会の環境じゃないと難しい場合はもの寂しくなるかもしれないです。
知り合いもおらず孤独で、田舎でいきなり生活を始めたらこれはキツイですね…

ただ、周りの環境に関してはある程度は慣れてくるので、よほど都会での遊びが大好きでなければ大丈夫です。

実際、僕は移住してから、刺激が少なくなったので、休日はWEB制作をしたり、このブログを書いたりしています。

刺激が少なくなったら、少なくなったぶんだけなんとかしようと思うものですね。

 

4つとも満たしていない人はIターン移住はしんどい

Iターン移住は、自分の時間をつくれて、これまでできなかったこともできて楽しいです。

ただ、リアルでの交流関係は激変するので、人との交流によって心が満たされる人は多分きついです。
周りに自分のことをよく知る人はほとんどいませんし 笑

もしIターン移住を考えている人は、この4つが当てはまるか参考にしてみてください!

スポンサーリンク