地方に移住しても良い車と夢のマイホームを買う価値観に合わせる必要は全くない

2018年5月28日

スポンサーリンク

嫁ターンをして1年半以上経ったはるまきです。

最近、Uターン移住した夫婦と話す機会があって、地方の「良い車と夢のマイホームを買う」価値観とのギャップで盛り上がったので、そんなことを書いてみます。

地方に移住すると周りの人の価値観が変わるので、これに違和感もったら全く合わせる必要はないですよ。

地方は車とマイホームにお金かけすぎ

東京にいた頃は、車なんか持っていませんでしたし、そもそもマイホームを持ちたいなんて思ったこともないです。

車は、移動手段としてしか考えてなかったですし、稼ぎに余裕もないので家のローン組んで縛られるのなんて嫌でした。
そもそも地方の安い土地ってこれからも地価が下がっていくだろうから、マイホームを買うっていう選択自体よく分からないんです。

が、地方に移住すると、
「この車の新型がほしい」とか
「ついに家建てるんだよね」とか
車やら家やらの話題になることが多く良い車とマイホームを持つことは、当たり前の行動みたいです。
もはやステータスという意識もなくて、ある程度の年収になり、結婚してある程度の年齢になったら誰しも通る道かのような話になっています。
だから、良い車とマイホームを持っていない人をバカにすることもなく、何で持とうとしないのかを不思議がります。

ちなみに、僕もサラリーマン歴が若手という年齢でもなくなったところですが、それでも車もマイホームも興味ないです。
今の車はかなり安く買った中古ですし、家も賃貸です。

 

長期ローンを組んでいる人と話が合いにくい

家とか車とかに意識がむいていないと、そもそものベースの価値観が合わないことも多いんです。
「空からお金降ってこないかなあ」とか、「FXでも始めようかなあ」とか、ローンが重しになっているためか、楽に稼げるお金儲けの話とかになることがよくあります。
最近だと仮想通貨とか。

副業してお金を稼ぐという視点では、僕も同じなんですが、こういう人たちは「簡単」「即効性」を凄い重視するので、どうも噛み合わないんですよね。。

僕の場合は、「WEBページ制作」と「ブログ(全然収益たってないですが 笑)」が副業になるんですが、「WEBページ制作は、簡単じゃない」、「ブログは、簡単じゃないかつ即効性もない」っていう理由で話が深くならないんです。

僕だって、そりゃあ簡単に即効性ある形で稼ぎ続けれるんだったら良いですが、仮にできたとしても再現性が低くて、安定しないだろうから、やっぱりきっちりお金を稼げる基盤(仕組み)を固めたいんです。

で、そうなった時、ローンとかお金関係で縛られちゃった人とこういった話をすると中長期視点でお金を稼ぐ視点が抜け落ちてるんです。
棚ぼた的な臨時収入でいいみたいです。
だから、僕が「着実にやっていこう」って意識できるのは、実はローンやお金で縛られ過ぎていないからなんだと思います。

ってことで、地方特有の良い車と夢のマイホームの価値観に染まる必要は全然ないですよ!
僕の価値観が正しいとかそういうことではなく、せっかく都会から環境変えて自由になったのに、自ら長期ローンによってまた束縛されるのは、違和感もつ方が自然ですよ!

スポンサーリンク