移住して友達がいなくなったけど勇気づけてくれた本4冊

2018年5月28日

スポンサーリンク

Iターンしたことある人なら分かると思うんですが、移住先で友達がいなくて

「何か物足りないなあ」

と思うことありませんか?

Uターンして地元の友達がいる奥さんでも
「大学の頃の仲良い友達はほとんど東京にいて、その時話せていたことが、できなくなって寂しい」
っていうことも聞きます。

「友達なんていなくても、大丈夫!」と強がっていても、実は、ふとした時に物寂しいと感じることもあります。
これから、U・Iターンで移住を考えている人も意外とあるかもしれません。

僕は、どちらかと言えば、友達がいなくても暮らしていける方ですが、それでもLINEのグループの会話とかを見ると移住してしばらくは良いなあと思ってました。

そんな時に、勇気づけられた読んだ本を紹介します。

 

『君に友だちはいらない』

 

まんまですねw

3年くらい前に話題になった本で、主観バリバリで、要約すると

夢語る人 「マジで、今の会社くそ!本当は、俺ってこんなことしたいんだよ☆」
夢聞く人 「すごーい、できると思うよ!ポジティブ、ポジティブ^^!」
みたいな友達は、本当にいらないから!
楽しくワイワイと夢語っちゃうくらいなら、
一つのゴールに向かって、切磋琢磨できる仲間を作るほうが数千倍重要。
あと、何でも均質化してる時代に個人だけで凄いことしようとするの無理だよ。
てか、一人の大天才が圧倒的なことを成し遂げたとか後世の人が作った幻想だから。
革新的なことしてる偉人とか起業家も若いうちから、凄いチーム作ってるんだわ。
弱いやつこそ、映画「七人の侍」みたいな少人数で最強の仲間(チーム)を作って、目的に向かって進め!

です。
割りと書きっぷりもバッサリとロジカルに書かれてるので、本の雰囲気も遠からず伝わってるかとw

僕は、性格が柔めなんで、こういう強烈な思考って意外と奮い立っちゃうんですよね。

「協調性とかそういうきれいな言葉ばかりに目を向けてると、自分の進むべき道を見失うぞ」
って思える本でした。

 

『かもめのジョナサン』

 

これは小説ですね。
しかも、数年前に第4章が追加されて、完成した本。

名前の通り、「ジョナサン」っていうカモメの話で、これも超主観でまとめると、

ジョナサン以外の普通のカモメたち
「餌をとるため、生きるために飛んでいるだけ~。(ぼけー)」

カモメのジョナサン
「速く飛ぶのクソ楽しーーー!俺はもっともっと速く飛びたい!」

ジョナサン意外の普通のカモメたち
「ジョナサン、馬鹿じゃね?しかも、速く飛んでて危険すぎ。追放だな」

ージョナサン群れから追放ー

が、ジョナサン信者も現れ、普通のカモメたちから悪魔と言われる。

みたいな話です。(うーん…伝わらないな、これw)

ある部分では、宗教的とか、政治的とか、色々な切り口で評されることもあるんですが、
シンプルに
「自由に生きようぜ!もっと生きたいように生きようぜ!」
って伝わる本で、友だちいなくても大丈夫かもって思える本です。

こんな言葉もあって、当時、ドンピシャでした。

生活の中で最も重要なことは、自分が一番やってみたいことを追求し、その完成の域に達することだ。(60ページ)

 

『月と6ペンス』

 

これは、勇気づけられたわけではないですが、
「友だちがいないだけで悩んでいる自分はなんて世俗的なんだろう」
ってしみじみ思いました。

主人公のストリックランドは、妻も子ども捨てて、40代で急に画家を志して、芸術のために身を投げ捨てるんですよ。
しかも、このストリックランドはもうね、クズ。っていうか、超ムカつく、嫌なやつです。
でも、芸術に対しては狂気的とも言えるほど、ストイックで、もう人生全て捧げちゃてるんですよね。

しかも、クズなんだけど、読み進めるうちに、なんか妙に「ここまで自分のことだけを考えるって凄いな」って思ちゃっている自分もいて、なんとも言えない感情になりました。

あと、ストリックランドの理解者であるストルーヴっていう平凡な良い奴が、このストリックランドの異常さを引き立てて、そこもまた面白いです。

 

『嫌われる勇気』

 

「ベストセラー過ぎるでしょ!」って言われちゃうくらい、超有名ですね。
もうこれは要約とか抜きにして、自己啓発本が、苦手な人とかにも読んでほしいですね。
(僕も自己啓発本は苦手な方です。)

僕がこの本を買った理由は、会社の飲み会で上司に説教されて、
帰り道にむしゃくしゃしながら立ち寄った本屋で『嫌われる勇気』が平積みされてて、
「嫌われてやるわ、くそったれ!!」
っと酔っ払た勢いで買ったんですよね。恥ずかしい。

で、読んだら、
「うわ、自己啓発って、こんな良い本あんのかよ!タイトルに騙された。。」
ってなったくらい、面白かったです。

 

本読んだだけでは変わらない。

はい、まだ変わってはないです。
でも、移住から半年経った今のマインドは、

「友達に会いたいと思ったら、すぐに会いにいけるくらい自由になろう」

ってなりました。

今の移住生活は、東京に比べて何だかんだ快適だし、気付けたこともとても多いです。

お金とか、時間とかから自由になれるように、「今からできることを着実に」ですね。

スポンサーリンク