岡山への移住で失敗(後悔)しないために気をつけておくこと

2018年5月28日

スポンサーリンク

一口に移住と言っても、ド田舎に移住する場合と、そこそこの地方都市に移住する場合があると思います。

岡山市に移住した僕は、後者です。

2つの大きな違いは、ライフラインの整備具合と思っていて、地方都市は、水道電気ガスの設備も初めから問題なく使え、ネットも簡単に開通でき、虫とかもいないです。

ただ、地方移住に関することを調べると、
ド田舎に関する情報はよく出てくるのですが、地方都市の移住情報って意外と少ないなあと思うことがあります。
(地方都市移住者からするとあまり課題ではないなって思うことが、ド田舎では課題だっりします。)

なので、今回は、地方都市移住者として、地方都市へ移住するときに気を付けた方が良いことをまとめました。
今後も何かあれば追記もしていきます。

 

家賃は落とせるだけ落とした方が良い

現在、僕は駐車場込みで月7万円の戸建て(3DK 約60㎡)に住んでいます。

…気に入ってはいるんですが、ここまで広い必要はなかったと今思ってます(笑)

家選びをしているときは、

「家賃が安いのに広い!しかも戸建てとか、友達来たら超喜びそう!え、ちょまって、駐車場もついてるよ!」

みたいに奥さんとテンションが上がって、さらに奥さんの親戚からも

「子どもとかできたら、赤ちゃんは夜泣きするから、部屋同士が分かれてた方が良いよ」

みたいなアドバイスももらって、今の家に決めました。

が、住み始めて半年・・・

「思ったほど家賃安くない。一部屋客室とか言いながら、倉庫になったね。。友達も言うて来ないね。。。子どももまだつくる気がないよね。。」

という会話になっています(笑)

結局、サラリーマンの場合、地方都市は、東京に比べて収入が下がる割には、家賃は同じようにあまり下がらないので、家賃はシビアに見た方が良いです。

多分、同じ地方でもド田舎に行けば、家賃も超下がるんだと思いますが、地方都市だと、言うほど下がりません。

なので、「これからどうなるか分からない」ことは、考慮に入れず、これだけは譲れないというポイントをもとに家探しをして、家賃は下げれるだけ下げた方が良いです。

 

スポンサーリンク

 

ガス料金には本当に気を付けよう!

家を決める前にガスがプロパンガスかどうかは、確認した方が良いです。

東京にいた時は、当たり前に都市ガスだったので、ガス料金をあまり気にしたことがありませんでしたが、地方はプロパンガスが本当に多いです。

意外に知らない都市ガスとLPガスの特長、徹底比較

で、半年以上暮らしてみて、プロパンガスの高さにびっくりします。いや、もう引きましたね。。

東京では、5㎥で2000円位だったのが、岡山では同じ量使用して5000円以上になっているので、割高感がとてつもないです。

冬とか寒くなると、給湯温度を上げると思うんですが、そのせいで岡山ではガス代が10000円を超えてしまって、ビビりました。

で、一回直接ガス会社に値下げ交渉をしたのですが、

「この辺りの地域の相場よりも大分安くしているから、値下げはできない」

の一点張りでした。
しかも、賃貸なので、管理会社からもガス会社は乗り換えができないと言われました。

調べたところ、これは大家さんとガス会社の間で結んでいる「貸付契約」が大きいらしく、ガス会社が大家さんに給湯器などを無償貸与する代わりに長期契約を結び、その支払いはなぜか入居者が負担するというものです。

今は、寒くないのと小まめに節約しているので、少し落ち着きましたが、こういうサービスを使って、交渉しようと思っています。また報告します。

 

プロパンガス料金を比較して、賢く節約しよう!【エネピ】

⇒ 5000円のキャッシュバックがあるのはうれしいですね。しかも対応が迅速そう。さすが民間!w

【追記】大家さんとガス会社の交渉が必要なため値下げできませんでした。まずは、大家さんと管理会社に交渉をします!

 

一般社団法人 プロパンガス料金適正化協会

⇒ 非営利団体らしく落ち着いていて、堅実な印象。さすが一般社団法人!w

【追記】交渉してもらいましたが、上に同じく大家さんとガス会社の契約上、値下げできませんでした。

 

段ボール、ペットボトル、缶、ビンのゴミ収集が少ない…

暮らすのに困るほどではないんですが、毎回不便さを感じるので、近くの回収場所を見ておくと良いかもしれないです。

東京にいる頃は、週一でどれも捨てれたのですが、僕の地区では、第〇曜日と第■曜日の毎月2回っていうルールなので、毎回忘れます。

そもそも、こんなの近隣の人どうしてるんだろうと思って、お隣さんに聞いたら、

「ペットボトルは、スーパーで、段ボールとか新聞は、古紙回収車が来るのを待って、ビン、缶は市役所に出せば良いよ」

って丁寧に教えていただきました。

でも、やっぱり、

面倒・・・

で、僕は、こういった民間の回収所が、市内にちらほらとあるので、そこで捨てたり、スーパーで捨てたりしてます。

※こういうのがビジネスになるんだから、地方って不便な分、ニッチなことはまだまだしやすいんだなと思います。

あと、ゴミ繋がりで言うと、こればっかりはどうしようもないんですが、ゴミ袋代が高いです。

東京は、23区内ならゴミ袋は透明ならなんでもOKでしたけど、岡山は指定のゴミ袋が45ℓで1枚50円です。ちょっと高いなあ。

 

転職する会社をちゃんと選ぶ

普通かもしれないですが…

東京にいた時は、転職しても前の会社の人と関わらなくてもすむくらい、会社が多いので、もう少し軽いフットワークで転職活動ができたと思います。

「会社、自分に合ってないわ。辞めちゃおっかなー、次の転職先どうしよっかなー」
みたいな感じ。

ただ、地方都市は、会社の数が東京に比べたら、そこそこ程度の数なので、会社同士で情報のネットワークが強く(強いというより近いのかもしれない)、何となく転職がしにくいと思います。

実際、社長さんに会うと、
「ああ、あそこの企業ね。前に〇〇さんと飲みに行ってさあ、、、」
みたいな会話がよくあって、転職先も知り合い同士ってこともありそうです。
特に狭い業界とかだと、なおさら会社間で、深く繋がり合っていると思います。

なので、「もし上手くいかなかったら、また転職すればいいや」という気持ちで、転職活動をすると地方都市は、少しやりにくいかもしれません。
(この気持ちも分かるんですけどね…)

あと、僕が転職エージェントを利用した際に、担当の方から

「岡山の企業さんは、転職回数を気にするところも多いですから、はるまきさんは、初めてでしかも理由が結婚ですから、その点大丈夫そうですね!」

みたいなことも言われたので、地方都市には、そういった少し旧態依然な部分もあるかもしれません。

 

移住してかなり良かったけど、「ここをもっと調べておけば良かった」っていうのもある

こんな感じです。

凄い良いんだけど、もう少しこうすれば良かったって点はあるので、地方都市に移住した身として、細かいことも含めてこのブログで、

「ここ調べておくと良いよ!」

っていうのをこれからもお伝えできればと思います。

スポンサーリンク