パソコン、スマホで目が疲れる人は「電熱式ホットアイマスク」を試してみて!

2018年5月28日

スポンサーリンク

パソコン、スマホで目が疲れやすいはるまきです。

日頃からパソコンを使っていることが多いので、夜になると目がしょぼしょぼすることがあります。
ひどい時は、翌日、目が腫れぼったかったり、隈ができたりします。

なので、ブルーライトカットを少しでもするために、パソコンやスマホのディスプレイをブルーライトカットモードにしています。
これやるだけで明るくて目がチカチカする刺激が結構減った気がします。

最近のパソコン、スマホなら大体搭載されているので、有効にすると良いですよ。
ちなみに、ナイトモードで暗くしすぎると逆に目を酷使するので、デフォルトか見やすい明るさが良いですよ。

 

ブルーライトに有効なメガネや目薬も試したいが…

ブルーライトカットといえば、思い浮かぶのがこの2つですね。

ブルーライトカット用メガネ(JINS SCREENとか)は試してみたいんですが、長時間メガネをかけると逆に目が疲れるんですよね…特に眉間部分が。
しかもいきなりブルーライトのためにメガネを試すほどでもない気もしていて保留中です。

もっと手軽な目薬は試したことはあります。
これとか時々使っています。

 

確かに目薬を使うとその瞬間は調子良いです。
ただ、効果を実感できても1、2時間で、しばらくすると目がしょぼしょぼしてきます。
やっぱり対処療法なので、目薬だけなんとかしようとすると点滴する回数が増えてしまいますね…

 

スポンサーリンク

 

デバイスから離れて目を休める

やっぱり、スマホやパソコンを使いすぎるから目が疲れるので、定期的に目を離すことが一番効果がありますね。

で、せっかく休めるなら、できるだけ効率よく目を回復させたいですよね。
そんな時に使えるのがこの電熱式アイマスクです!
レビューなども読んで評判が良かったので、買いました。

何と言っても繰り返し使えるところが最高です。
薬局などで売っているホットアイマスクは使い捨てなので、使ったら終わりです。

でも、これは温度と時間の調整もできるので、じっくりと休みたい時、さくっと休みたい時のどっちらにも対応できます。

ちなみに僕は、45度にして30分やると調子が良いです。
45度、50度って聞くと熱そうに思われますが、電熱マット本体の温度なので、アイマスクのクッションを挟んでいるので、問題ないですよ!

 

この白いのが電熱マット本体で黒いのがカバーです。

付属で冷却ゲルも入っているので、電熱マット本体を外して、代わりにゲルを入れればクールアイマスクになります。
目を温めたあとにアイシングすると、目の疲れがより取れるので、より効果を実感したい人にはおすすめです。
(ゲルは冷蔵庫で冷やしておくと良いですよ)

あ、あと目に当てる側は、黒い光沢のある方です。
こちらが外側だと勘違いしやすい見た目なので注意です。

その他にも、アイマスクの表面に付属の霧吹きで水をかけてスチーム力を出したり、まさかの耳栓もついていたりw
徹底的に目を休息させてくれます。

 

使用感は?

じっくりじんわり温まるので、かなり良いです。
普通に目を休めるのとは全然違います。

熱めのおしぼり(ホットタオル)を目に当てると気持ちいいことあるじゃないですか。
あれにとても近いです。
しかも電熱式なので、あの気持ち良さが持続します!

まだ使用し始めて1週間程度ですが、心なしか朝目の腫れぼったさが軽減しています。

デバイスを使って目が疲れる人はぜひ使って見てください☆

スポンサーリンク