岡山県下最大級のアンティーク家具のフリマ『from West~人とモノが集う場所』に行ってきました。

2018年5月28日

スポンサーリンク

フリマが好きなはるまきです。
僕は家具にそれほど興味ないですが、奥さんが家具好きです。

ということで、先週末に開催された岡山県下最大級のアンティークフリマ『from West~人とモノが集う場所』に奥さんと行ってきました。

このフリマは、岡山の家具メーカーAXCIS(アクシス)が、年に1度主催するイベントだそうです。

今回で2回目みたいですが、1回目だった昨年は、来場社数が1万人いて大盛況だったみたいで、今回も駐車場に車が停められないくらいの混んでました。

 

fromwest2017

出典:アクシス ホームページより

 

で、早速、イベントの様子です!

まずは入り口。
カッコイイ看板どーん!とあります。
入場料はたったの200円!

 

 

fw-3

会場に入ると、芝生一面にお店がズラッと立ち並んでいます!

家具はもちろん多いんですが、昭和の石鹸とか、古いハサミとか、カミソリとか、化学ビーカーとか、小物もたくさん並んでました。

「こけしの頭」とかも売っていて、こんなものも商品になるんだって関心してましたw

でも、芝生とシンプルな店構えが相まって、商品がとても魅力的に見えました。
こけしの頭でさえw

 

 

そう言えば、「こういう額縁とか、ビンとかって誰が使うんだろ~」って見てましたが、髭を生やしたヒッピーっぽい人が、横で買ってました。
やっぱり、ニーズって分からないものですね。。

 

スポンサーリンク

 

 

 

流石、昨年1万人とだけあって、結構混んでました。
でも、動けないほどでは無く、丁度良い賑やかさでした。

東京にいた時もこういうイベントに奥さんに連れられて行きましたが、混みすぎててすぐに離脱してましたw

 

こういう個性的なお店もありました。
確かこのお店は椅子が全て半額になってて、ついつい買っちゃいそうになりました。
(その後、「椅子はいらないな」と冷静になり、止めました。)

 

fw-5

ここも店構えが無骨で、この芝生にもともと建っていたかのような馴染み方でした。

 

素朴な家具が、こうやって置かれるととても魅力的になりますね。
やっぱり見せ方って大事ですね。

 

fw-12

奥さんは、家具だけでなくお皿やら陶器やらにかなり食いついてました。
家の食器棚がパンパンなのを思い出して、冷静になってましたが。

 

そんで、昼ごはんは、油混ぜそばとカレー!

こういうフリマの食事って、超美味いですよね!
迷った挙句どっちも食べちゃいました。
食い過ぎですね。

 

で、結局、半日居て、買ったモノは、

・表札になりそうな文字の積み木
・昭和感漂うガラスのマドラー
・タオル掛けになりそうな糸巻きホルダー

です。
全然買ってないww
しかも小物ばかり。

 

でも、何も買わなくても半日も物色出来るくらい居心地の良いイベントでしたよ。
芝生なので、疲れたらテキトーに座って休憩できましたし。

 

それにしても、こういう家具って見せ方を変えるだけで、本当に魅力的になるんですね!
多分、ホコリ被った古道具屋なら通り過ぎますが、こういうイベントだと目を引きますもんね。

やっぱり、あるターゲットにさえ響けば、ちゃんと価値って生まれるんですね。

 

岡山でアンティーク家具、イケてる家具を見たいなら、「from West」に、ぜひ行ってみるといいですよ!
次は来年ですけどw

 

スポンサーリンク