岡山に来たなら、えびめしやで「えびめし」を食べよう!

2018年5月28日

スポンサーリンク

岡山名物「えびめし」が大好きなはるまきです。

「えびめし」って知ってますか?

知らない方のために、ドーン!

出典:おかやま旅ネット

この黒いご飯がえびめしです!!
真っ黒ですねw
しかもえびめしなのにあまりエビを感じない見た目。

wikipediaより

えびめしとは、ご飯に海老などの具を入れて油炒めしソース味に仕上げた料理で、焼き飯やピラフの一種である。岡山県近辺で食されており、特に岡山市(中心市街地)の郷土料理として有名である。

これが抜群に美味しいんですよ。

 

スポンサーリンク

 

 

ということで、最近、えびめし発祥のお店「えびめしや」の青江店に行ってきました!

出典:えびめしや

えびめしは、東京渋谷で修行したシェフが1966年に岡山でつくりはじめたことがきっかけだそうです。
今では、えびめしや以外でもえびめしを作っているお店も多く、岡山のソウルフードに定着しています。

「秘密のケンミンSHOW」などご当地番組でもよく岡山名物として取り上げられています。

えびめしやはえびめしが基本ですが、スープ付プレートセット(カニクリームコロッケ、ハンバーグ、チキンカツ、チキン南蛮、ポークカツ)も選べます。

 

今回、僕はハンバーグプレートセットにしました。

相変わらず、ご飯真っ黒ですね。
ハンバーグとぱっと見、区別できないですw

この写真とメニュー表の写真でもイマイチ分からないと思いますが、ご飯の量が意外とあります。
昔、調子に乗って大盛を頼んだら、ボリューム多すぎて大変でした。

あと、よくこの見た目から、味も濃い味付けを想像される人多いんですが、意外と口当たりまろやかなんです。
癖はあまりないと思いますが、食べたことの味です。
色んな風味、コクがあって「○○味!」とはひと言で言えないです。
なので、もしかしたら好み分かれるかもしれませんが、僕は超やみつきになりました!

で、この味付けに「えび」がよく合うんです。
えびのプリプリ食感が、ソースでコーティングされたお米の良いアクセントになって食べるスピードも落ちません。
よくこういうソース系のご飯って、最初は超好みでもだんだん味に飽きてしまって、最後は食べるペースが落ちることがあります。
えびめしの場合、それがありません。

さらに!箸休めに横のコールスローも最適です。
舌が少しまったりしたと感じたら、コールスローを食べるといい感じに調和されます。

いつも「本当によく考えられたプレートだなあ」と感心しながら食べてますw
ああ…また食べたい。

あ、プレートが来る前に、スープも来ますよ、一応。

このスープは、美味しいですけど、まあ普通のコーンスープですw

これだけついて、値段も1000円弱でお手頃です。

ぜひ岡山に来たら、「えびめしや」のえびめしを食べてみてください☆

スポンサーリンク