移住して体調崩しやすくなった…よし、今年は「腸内環境」を意識する。

2018年5月28日

スポンサーリンク

移住して体調崩しやすくなったはるまきです。

よく移住するとストレスフリーになって、体調が良くなるみたいな話ありますよね。
僕は何故か移住してから、風邪を引く回数が増えましたw

東京にいた頃は、年2~3回程度でしたが、移住してからは年4~5回程度体調を崩しています。

これは見ず知らずの土地に来て、環境への適応に知らず知らずに身体に負荷がかかっているからかもしれません。

ただ、それ以上に思い当たるのが、身体の代謝が落ちていることと、夕飯以外の食生活の乱れです。

 

身体の代謝が落ちている

いよいよ30代直前になり、明らかに昔よりも代謝が悪いです。

お酒を飲んでも翌日残りやすくなってるし、夜更かしもしんどくなり、お腹もお肉がついてきています。

20代前半は、無理をしても寝ればスッキリしていましたが、今はあの頃のような爽やかさはないです。

と言っても、おじさんって言われるほど代謝は落ちていないので、いよいよ三十路に足を踏み入れた感じです。

 

夕飯以外の食生活の乱れ

移住してから仕事、プライベート関わらず室内で閉じこもることが多くなったので、間食が増えました。

口が物寂しくなるとついついしょっぱいものを食べてしまいます。
ちなみに、大分前からアトピー チャレンジと称して甘い飲み物やアイスは極力控えてますが、その反動でしょっぱいものを間食するようになってしまいました…意味ないw

 

ちなみに、夕食は奥さんが作ってくれるので、いい感じです。
…ただ、共働きで、お互い帰りが遅い時がよくあるので、外食やコンビニ弁当でテキトーに済ませることもしばしば。

 

スポンサーリンク

 

 

アトピーもなかなか好転しない

このブログでも書いてますが、僕は移住してからアトピー改善に向けて結構色々やってます。

おかげで改善している部分はあるんですが、どうしても対処療法的です。
皮膚そのものへの刺激を減らしたり、乾燥を減らすために水を飲んだりしますが、そもそも体内が綺麗じゃないので、モグラ叩き状態です。
悪化をさせないための方法では、やはり限界がありますね。

 

時間がかかっても体内を綺麗にしていく

ここまで体調を崩しやすくなっているのも何かの縁だと思っています。
そろそろ真面目に体内を綺麗にすることを考えます。

で、まず考えついたのが、腸内整備です。
というか、腸こそ身体の根幹みたいなことをよく聞くので、「本でも読んでみるか」くらいのノリで調べたら、奥が深かったです。

この本は、前半が腸内環境が身体にいかに影響を与えているかを科学的に説明しています。
なかなか固めな内容ですが、後半からは何をすべきかという方法論も書いてあります。

この本はおすすめなので、記事も書きました。

 

ついでにこの本はもっとコンパクトに腸と身体の関係を説明していて、料理とかも紹介してます。
腸内環境についてはじめに読むには良い一冊でした。

で、なにをするの?

長くなりましたが、とりあえず下の2つをまずは始めようと思います。

アトピーチャレンジの時もそうですが、あまり大それたチャレンジをすると継続できなくなるので、これくらいは出来るであろうということに絞ってます。

 

① 納豆を週3日以上食べる

言わずとしれた発酵食品で、身体に良いとされる納豆。

納豆に含まれる納豆菌が腸内の善玉菌の活動をサポートしてくれます。
手軽さとその効能から腸内環境の改善に関してほとんど納豆が取り上げられています。

ってことで、毎日じゃ続かなさそうなので、週3日食べることにします。

 

② 人工甘味料や白砂糖の入った甘いものを食べない

今、甘い飲み物やアイスは既に極力止めてますが、甘い食べ物全般に範囲を広げます。

ここは僕の中で聖域だったので、どれだけ続けられるか……がんばります。。

と言っても、甘い物は好きなので、腸に良いオリゴ糖が含まれるてんさい糖で甘さを補填します。
まあ市販のお菓子とかどのみちはほぼ全滅ですねw

 

以上2つを2週間くらい実行してみます。
結果は、また報告します。

これがちゃんと進んだら、サプリメントや食物繊維の摂取なども着手してみる予定ですw

ちなみに、サプリメントって怪しい雰囲気ありますが、腸に良いとされるヨーグルトだけビフィズス菌を摂ろうとすると量を多く取らないといけず、大変みたいです。
だから、サプリメントが良いらしいです。

…何かどんどん女性っぽいことしている気がしますが、アトピー で体調崩しやすい男性って結構いると思うんです。

だから、そういう身の男性の一人として、腸内環境改善に向けて色々と試していきます☆

スポンサーリンク