地方に移住して銀行の不便さを感じたらコンビニ手数料無料の「新生銀行」を使おう!

2018年5月28日

スポンサーリンク

東京では都市銀行を使っていたはるまきです。

岡山に来て、会社から給与の振込で指定された地方銀行なんですが、本当に使いづらいです。
しかも、営業時間外だと、その地方銀行のATMで引き落としても手数料が取られます。
都市銀行では、そんなこと無かったです。

その中でも、地方銀行のネットバンキングは酷いです。

ネットバンキングができるって書いてあったので、アプリをダウンロードしてみたんです。

が、自分の口座へのログインから、いきなりの難関。

会員カードに書いてある会員番号がないとログインできません。
最初だけなら分かるんですが、これが毎回です。

確かに5年前くらいは、都市銀行もそうでしたけど。
今どき、会員カードが必要とか、ネットバンキングの意味がない・・・

で、ログイン後に表示されるページも、装飾が一切されていない、文字と入力フォームだけです。
もはやアプリの意味がないくらい、ガラケー仕様です。

それでも、「まあ、仕方がない」と思い、金額を入力しようテキストエリアをタップすると、今度は画面が拡大されます。
「なんで、こんなにピンチイン・ピンチアウト(拡大・縮小)をしないといけないんだよ!」と思ってしまいます。

 

そんなこんなで、ようやく、入金直前までたどり着くと、今度は、会員カードに書いてある取引確認番号の入力が求められます・・・

ああああああああああああ!!!!もう!!

いや、わかりますよ!
銀行はお金を扱うから、セキュリティが超大事なのは!

でも、会員カードなしじゃ、ネットバンキング使えないって、ネットの良さが半減してますって。
しかも、会員カード盗られた危なすぎる。

ちなみに、都市銀行は、ワンタイムパスっていうのを採用していて、一回の取引だけに使える乱数をアプリから取得できます。
最初のログインさえ済めば、あとは口座の暗証番号とスマホで完結します。

 

都市銀行アプリほどじゃなくても良いので、もう少しユーザービリティを上げてほしいです。

 

スポンサーリンク

 

 

じゃあ、使わなければいいじゃない?

と思われますよね。

そうなんです。

でも、結局、地方銀行って、地の利を活かして、地方の経済圏では支店やATMをちゃんと整備しているので、営業時間内は手数料がかからずに利用できるんですよ。
(といっても、営業時間外だと手数料取られるで、言うほど便利でもないでですが・・・)

一方の都市銀行は、地方だと支店が全然ないんです。
岡山市では、支店一つでした。

なので、都市銀行の口座にお金を入れても、引き落とす時は、コンビニを使うことが多いので、毎回手数料が取られるんです。

これが、かなり嫌なんですよね。

「別にコンビニ手数料のたった数百円くらい良くない?」って思われる方。
これが、216円×月4回×12ヶ月として、年間で10,000円強ですよ!
銀行からただお金降ろしているだけで、年間10,000円も取られるのバカバカしいじゃないですか。

で、結局、

・地方銀行はネットバンキングが使いにくいから、あまり使いたくない。

・ネットバンキングが便利な都市銀行は、地方に支店が少なすぎる。

というジレンマにハマりました。

 

っていうことで、

・ネットバンキングがちゃんとできて、地方でも手数料がかからない銀行

を探しました。

 

そしたら、ちゃんとありましたよ!!

新生銀行です!

 

 

 

コンビニ手数料無料!

出典:新生銀行ウェブサイト

入出金手数料無料とか最高すぎる。

「どうせ、提携ATMが少ないんでしょ?」と思われる方。

新生銀行は、コンビニなら、セブン銀行ATM、ローソンATM、E.net(ファミマ、デイリー、スリーエフ、セーブオンに多い)、イオン銀行(ミニストップ)と提携してます。

これに、イオン、イトーヨーカドー、マルナカ(岡山のイオン傘下のスーパー)も加わるんで、手数料無料でいけるところは、超多いです。

つまり、地方でも手数料を気にせずに至る所でお金を降ろせます!

 

ネットバンキングもちゃんとできる

これは、正直まだ使えてないから、実感はないですが、WEBページを見る限りは大丈夫そうです。
少なくとも、今使っている地方銀行よりは全然良さそうです。

一応、ネットバンキングの顧客満足度も2年連続で1位みたいですし。

新生銀行ネットバンキング

出典:新生銀行ウェブサイト

 

 

早速、口座開設!!

ということで、僕の望みを叶えてくれそうな新生銀行で、早速、口座開設申し込みです!

どうやら、アプリから出来るみたいです。

新生銀行口座開設アプリ

この時点で、もう新生銀行が好きですw
スマホで完結するとかうれしすぎる。

 

まず、アプリを開くと最初の画面!
運転免許証、白紙、届出印(またはボールペン)を用意すれば良いとのこと。
地方なら運転免許証は、ほぼ確実にもっているので、大丈夫ですね。

 

利用規約や同意書などを承諾したら、申し込み情報を入力する画面!
入力もしやすく問題なく進めます。
(画面の上にStepで進行具合が分かるのも良いですね。)

 

で、地味に感動したのが、カードの色をこんなに沢山の色から選べること。
これ凄いですね。
僕は、高級感出したくてブラックにしましたw

 

諸々入力確認ができたら、あとは、サインか印鑑を選んで、印鑑(またはサイン)と免許証(表裏)をスマホのカメラで撮影するだけ。
カメラ撮影も、補助線がでるので、超簡単です。

 

撮影も終わったら、申請完了です!
スムーズに進んだので、申請完了まで10分経ったなかったです。

申請完了

いやあ、本当に簡単でした。

ともあれ、まだ申し込んだ状態なので、とりあえずは郵送されてくるの待つだけです。
ブラックなキャッシュカード楽しみですw

また、新生銀行でネットバンキングとかしてみた感想は追記します!

【2018年2月16日 追記】
新生銀行のネットバンキング用のアプリ、正直使いづらいです・・・
ログインするのに毎回、口座番号、口座暗証番号、ネットバンキング用暗証番号を求められます。
銀行アプリなので当たり前ですが、端末に情報の記憶もされません。
振込時にアプリを閉じる(バックグラウンドでは起動のまま)と、最初から(ログイン画面)から操作のやり直しです。
見た目は悪くないんですが、操作性がもう少し何とかなってほしいです。。

地方に移住しても、ネットバンキングもできて、手数料がコンビニATMでかからないので、「新生銀行」はおすすめです!

地方に移住して、コンビニATMの振込・引き落としで手数料をかけたくない人に「新生銀行」はおすすめです!

スポンサーリンク