不安解消!地方に移住した僕がオススメする移住者が利用すべき転職エージェント

スポンサーリンク

地方移住で、バッチリ転職できたはるまきです。

移住トレンドが高まっている今、地方で転職する方は、転職エージェントを使った方が良いですよ!

転職エージェントとは?

知らない方のために、念のため。

転職エージェントとは、登録をすると完全無料で転職相談に乗ってくれて、企業の求人紹介から面接のセッティング、給与交渉など転職に必要なサポートをしてくれるサービスのことを指します

引用:Career Theory

 

地方移住で転職エージェントを使った方が良い理由

理由は1点、地方の転職事情のことがよくわからないから。
これにつきます。

これから地方に移住しようとする人は、地方の転職事情がわからないはずです。
ネット調べれば、何となく把握できるけど、中身の入った情報はイマイチ入らないです。

例えば、コーポレートサイトは古めかしいけど、実は良い企業だったりすることも多く、具体的な求人情報はネットだけはなかなか掴めないです。(こういう企業、結構ありました。)

その点、転職エージェントは、転職を成功させることで転職先企業からマージンを貰っているので、求人先の情報はもちろん、その土地の転職マーケットや転職動向を深く理解しています。
転職のタイミングとか、地域の良い企業はどこなのか、企業風土がどんな会社なのかなど、生の情報を持っています。

この情報を仕入れるためにも転職エージェントを使った方が良いです。
何と言っても利用は無料ですし。

 

で、どこの転職エージェントを利用するのさ?

僕がオススメするのは、

① 【求人の量】大手転職エージェント
② 【求人の質】地域密着型転職エージェント
③ 【価値観の理解】UIJターン専門エージェント
番外編 【スキルの理解】特化型エージェント

に分けて、それぞれ1つ利用する方法です。

正直、転職エージェントはビジネスモデルが一緒なので、似たところをいくつも登録しても紹介される求人が同じだったりします(経験済み)。

なので、上の3つの軸から適切な転職エージェントを1つずつ利用して、死角を補い合う方法が効率的です。

 

① 【求人の量】大手転職エージェント

大手の転職エージェントは企業規模、業種、職種問わず、求人量が、圧倒的に多いです。
そのため、自分にマッチしそうな求人をともかく紹介してくれます。
(但し、質より量という紹介手法なので、「この求人は違くないか?」というものも紹介されます。)
量がある分、自分が希望する求人に出会いやすくなるので、登録しておくと良いです。

オススメエージェント

リクルートエージェント

色々な転職エージェントサービスがありますが、やっぱりリクルートです。
求人量は大手エージェントの中でも頭抜けています。

 

② 【求人の質】地域密着型転職エージェント

地域に根ざした転職エージェントの場合、求人量は大手ほどは期待できませんが、地域のことを深く理解しています。
例えば、大手エージェントは、「雇用形態は気にせず契約社員でも応募しよう!」みたいな提案もありますが、地域をよく知る転職エージェントは「地方は、正社員の方を好ましく思う風潮がとても顕著なので、正社員として転職した方が良い」と地域視点の現実的なアドバイスをしてくれます。
地方での働き方に則した企業を紹介してくれるので、質的に自分に合った求人に出会いやすいです。

オススメエージェント[岡山の場合]

オカジョブキャリア

僕が移住した岡山に限って言えば、オカジョブキャリアが丁寧で地域ならではの情報を聞けました。岡山ならここがオススメです。

 

③ 【価値観の理解】UIJターン専門エージェント

最後に、UIJターンをする人の価値観は、UIJターンをする人じゃないと理解できないことがしばしばあります。
大手のエージェントも地域のエージェントも移住者の気持ちを理解していますが、痒い所に手が届かないことがあります。
例えば、僕みたいに奥さんの地元にIターンする人は、「環境を変えたい人」とか、「結婚で連れてこられた人」とかという言葉で収斂されがちです。
これをUIJターン専門エージェントを使うと、「Iターンによって自分の何を変えたいのか?移住後、どんなライフステージに進みたいのか?」など求人選びの価値観を掘り下げくれます。
そのため、経験がなくても価値観に合いそうな求人を紹介してくれることが多く、今のキャリアとは異なる求人に出会える可能性があります。

オススメエージェント

リージョナルキャリア

UIJターンする人の気持ちを深く理解しています。UIJターンをするに至った価値観をカウンセリングで掘り起こしてくれました。

 

番外編 【スキルの理解】特化型エージェント

これは地方に限った話ではないですが、エンジニアやデザイナーなど専門的な技術を持っている人は、普通のエージェントだと満足いく理解が得られない場合があります。
そういった場合は、技術や能力に特化しているエージェントがあるので、こういったエージェントを利用すると良いです。
ただ、スキル特化型エージェントは、都会に強く地方に弱いことが多いので、もし移住先でもサービス展開しているのであれば利用するくらいの感覚で良いです。

オススメエージェント[IT系の場合]

ワークポート

WEBやITに強く、エンジニアやデザイナーのスキル特化型エージェントです。
都会しか対応してないですが 笑

 

転職エージェントを使って転職を効率化

転職事情を知らない移住先で転職するのは大変です。

しかも、移住は仕事だけじゃなくて、住む場所をどうするとか、移住にかかるお金はどうするのかなど、考えることが多いです。
だから、転職は、転職エージェントを利用して、効率的に進めましょう!
時間は大事ですからね。

 

より転職エージェントをしっかりと利用したい人は、こちらに転職エージェントを利用する時の注意をまとめてます(ページの下部で書いています)。

スポンサーリンク