地方のIT系セミナーは前段が長く退屈だ。

2018年5月28日

スポンサーリンク

僕は、岡山で開催される企業向けのIT活用系のセミナーにちょこちょこ行く機会があります。

内容は、大体、「ITサービスを使って、会社の業績を上げましょう」という内容です。

で、セミナーによっては、東京や大阪など大都市から講師を招待することがあるのですが、異様に前段が長いケースがあります。


「これからはネットの時代!」

「AIDMAって知っていますか?」

「地方の中小企業の生産性を上げるにはネットを活用するしかない!」

こういったことを、ニュースや統計情報をもとに前段で長々と説明することが多いです。

「退屈だなあ…そんなこと誰でも感じてるでしょ」

と思います。

実際、周りを見渡しても退屈そうな人が結構多いです。
たまに、おじさんとかも寝てますしね。

 

地方が具体的な方法を知りたがっている

地方って、東京から見ると、情報が遅れていると思われがちですが、そうではないです。

具体的な活用方法とその定着方法を知りたいんです。

地方は、意外と今の時代の流れをキャッチアップしてますし、役に立ちそうなことは情報を入手しています。
(AIとか仮想通貨とかそういうまだ身近じゃない話は別です。)

特に、地方ってマーケットが小さいので、小さい会社になるほど、「何とかしないといけない!」っていう思いが切実です。
だから、反射的に「ネットを使おう!」「ネットで売上を上げよう!」と考えます。

でも、具体的に何から始めたら良いのかが分からないんです。
(岡山に来て、そう感じます。)

それで、「ホームページを作りませんか?」「ネット広告を出しませんか?」と営業電話で言われ、とりあえず何かせねばということで色々と手を出します。

でも、大体が上手くいかない。

それで、セミナーに行くんです。

なので、結構、切実に情報を得たいと思っている会社さんもいる中で、「時代はネットや!」と言っても、「そんなん分かっとる!で?何が聞けるの?」となります。

必要なのは、ITツールで何を解決するのかを説明し、かつ、売りっぱなしではなく、ちゃんとサポートをして定着させる方法を伝えることです。

 

スポンサーリンク

 

 

定着のためのサポートを欲している

特に、定着のためのサポートって地方では超大事ですね。

「こんな当たり前なこと…」って思われますよね。

でも、地方は概念や何となく方法は分かっても、定着で失敗しているところが本当に多いです。

簡単なアクセス解析ツール入れてるけど使われてなかったり、コンテンツマーケティングをしようとして、記事の更新が明らかに数年前に止まっていたり、数年前に作られたであろうホームページが完全にレイアウトが崩れていたり…

超やりっぱなしなんですね。

多分、会社と契約を結んで契約期間中は、運用してもらうみたいなモデルかと。

こういうのを悪いとは思わないですが、その分、今の地方は「ちょっと費用が高くても良いからちゃんとサポートしてくれるとこが良い!」っていう段階なんだと思います。

売りっぱなし商材を買わされたことへの反省でしょうね。

だから、セミナーでもし地方でIT系のツールを売る場合は、「誰でも簡単」といった言葉よりも、「一緒になってサポートをする」っていうことを伝えていくことが重要です。

もう、「誰でも簡単」といった類の言葉は多分、「聞き飽きているのでは?」とすら思います。

 

ということで、もし、東京からお越しの講師や地方でセミナーをする方は、ここを考えてくれるとセミナーが面白くなります。
僕も退屈しません 笑 (上からで恐縮っす。)

スポンサーリンク