アトピーと乾燥肌の人はヒートテックを買わないほうが良い

2018年5月28日

スポンサーリンク

冬でも綿100%のTシャツを着ているはるまきです。

冬になるとユニクロの定番「ヒートテック」(または類似の商品)を買う人多いですよね。

でも、アトピー、乾燥肌の人は買うと症状が悪化しますよ。

僕も昔、皮膚科の先生にヒートテックのまま診察を受けたら、

「ヒートテックを着てはいけません!」

と言われました。

 

そもそも、ヒートテックはなぜ温かいのか?

まず、ヒートテックは、吸着熱(吸湿熱)を応用した技術です。
(この技術については、もっと詳しい記事があるので、あくまでも要点のみです)

人は気づかぬうちに汗をかいており、それは水蒸気となって熱を放出しています。
この熱を放出することで体温調節をしています。
よく「水をしっかり摂取しよう」と言われるのも気づかぬうちに水分を失っているからです。

そして、この水蒸気は服の繊維と衝突することで、熱を発生させます。
運動エネルギーから熱エネルギーに変わるからですね。

で、これは普通の服でも起きますが、ヒートテックの凄いところは、

・ストレッチ素材にして発生した熱と皮膚の距離が近いため、温かい

・汗として出てきた水分を早く水蒸気にさせる繊維

・発生した熱のみを保温させる繊維

の3つがあります。

詳細は他の記事に譲るとして、一言で言うとヒートテックは効率よく吸着熱(吸湿熱)を発生させ、それを保温できるところが画期的なんですね。

 

出典:ユニクロ

 

アトピーと乾燥肌にヒートテックが良くない理由

そんな画期的なヒートテックが良くない理由は、汗をどんどん水蒸気にさせてしまうからです。

ヒートテックは、汗を早く蒸発させ熱に置換することで、温かさを還元できます。
が、裏を返すと、水分がどんどん蒸発させられるので、アトピーは水分を必要以上に奪わて、乾燥します。

また、乾燥した上に、化学繊維生地との摩擦によって、より一層乾燥する場合もあります。

その結果、チクチクしたり、かゆくなったりします。

…最近のヒートテックは、保湿効果も訴求されておりますが、僕はやはりダメでした。


出典:ユニクロ

着てしばらくは気にならないのですが、夜になるとだんだんチクチクが気になって痒みが出てきました
でも、確かに昔着ていた時よりも、しっとりした質感ではありましたね。

ヒートテックの機能はとても凄いんですが、アトピー、乾燥肌の方は止めた良いです。

 

スポンサーリンク

 

着るなら綿100% がおすすめ

色んなアトピー向けの肌着が紹介されていますが、僕は綿100%であれば何でも良いかと思います。
(昔、ちょっと高いアトピー専用肌着とかを試したこともありますが、僕はそれほど効果がありませんでした。)

僕は、綿100%に切り替えてから、チクチクは軽減しましたし、背中の乾燥は軽くなりました。

個人的に福助は良いですよ。
老舗靴下メーカーですが、インナーの質感が好きです。
倉敷の三井アウトレットモールでは、一枚500円で買えました。

ただ、アウトレットには頻繁には行けないので、無印良品のTシャツもおすすめです。
2枚入りで1290円(一枚約650円)です。

乾燥する冬は、肌着を変えるだけでも、アトピーの症状を抑えられます!
まだヒートテックの方は変えてみると良いですよ☆

スポンサーリンク