岡山でベトナム料理を食べるなら「アオババ」!!

2018年5月28日

スポンサーリンク

アジアン料理が好きなはるまきです。

昔、フランスに旅行にいった時、まだお金が全然ない貧乏旅行だったので、高いご飯はあまり食べれずフランスにあったチェーン店っぽいベトナム料理屋で3食食べたことがあります。
ベトナムは元々フランス領だったので、あながち見当はずれなところにはいってなかったです(言い訳w)

とまあ、こんな感じで僕はベトナム料理やタイ料理などアジアン系の料理が好きです。

 

岡山にアジアン系の料理が少ない・・・

東京は、街に繰り出せばこういった国際的な料理が食べれたので、移住してもの寂しい気持ちがありました。

が、見つけました!
美味いベトナム料理屋さん!しかも本格派!

その名も、「アオババ」
アオババは、ベトナムの「普段着」のことで、気軽に本格的なベトナム料理を食べてほしいからこの名前らしいです。

場所は、古いオフィスビルの地下のレストラン街の中にあって、いろんなお店の中にポツンとあります。
が、実は、福山、上海(中国)にもお店があって、来年にはホーチミン(ベトナム)にも出店するらしいですlグローバル!

気になる店内はこんな感じ。

内観、ディスプレイ、BGMもベトナム感一色です。
客層は若い女性やカップルが多い印象でした。

 

では、早速注文へ。
ちなみに、店員さんは現地の方が何人かと日本人の店長さんらしき女性の方がいるので、わからないことがあれば丁寧に答えてくれました。

ランチメニューで、大体どれも900円くらいです。

日本語もわかりやすいです。

 

僕と奥さんは、悩んだ結果、「ベトナムカレー」と「混ぜ混ぜ麺」を頼みました。

ベトナムカレーがこちら。
スパイシーなのに食べやすく、ココナッツの甘みがコクを出してます。
ベトナム米ともよく合うので、あっという間に食べちゃいます。
チキンもにんじんもごろっと入っていて、僕好みです。
左下にある粒状の料理は実はデザートです。
つぶつぶしている豆(?)の食感がよくて、食後に程よい甘さでした。

 

混ぜ混ぜ麺がこちら。
左下のタレをかけて、その名の通り麺を混ぜ混ぜして食べます。
麺はとてもやわらいフォーなので、絡めるというより具材と一緒に掴んで食べる感じに近いです。
ベトナム料理にある癖が強すぎないため食べやすく、タレの甘酸っぱさと肉のジューシーさがちょうど良いです。
小皿にある唐辛子を入れて辛さの調整をすると一層美味しくなります。(辛くなるのでご注意を)

 

スポンサーリンク

 

 

お腹いっぱいになったら名物「ベトナムコーヒー」

ベトナムコーヒーって知っていますか?
コーヒーに練乳を入れて飲むコーヒーです。
(ブラックでも飲めますが、練乳を入れるのが一般的だそうです)

気になったので、食後に注文すると、

来ました!
初めから練乳がコップの底に入っていて、そこにコーヒーを一杯ずつドリップしていきます。
小ちゃくてかわいいですね〜

このドリップもフランス式の方法なので、ここでもフランス領時代の影響をしっかり感じることができます。

 

出来上がるとこんな感じです。
コーヒーと練乳が二層にくっきり分かれています。
これをスプーンでよく混ぜていただきます。

味は、まあまあですw
何というか苦味と甘みがどっちも同じだけあって、飲んだことのない味です。
薄めなコーヒーが好きな僕にとってはそんなにぐいぐい飲めないです。
(逆にエスプレッソが好きな人は良いのかも)

それでも、こうやって現地のベトナムコーヒーを気軽に楽しめるのは良いですね。

 

岡山でベトナム料理はアオババ!

岡山ってそもそもベトナム料理できるところが少ないので、岡山でネットで調べれば多分上位に「アオババ」が出て来ます。
ランチの時間帯は僕が行くときは毎回混んでいたので、余裕をもって行った方が良いかもです。

岡山でプチベトナム気分を味わってみてください☆

スポンサーリンク